【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

積みあがっていくことのない人生はムナシイというお話

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

みなさんは日々どのようにお過ごしですか?

何か目的や目標はありますか?これをしたい、あれになりたいなど、意欲や情熱を燃やせるものはありますか?

 

ちょいちょいあるあの心の声に注意!!

人間がもっとも空しくなる瞬間は「あぁ・・・やることがない」と心の声がつぶやかれた瞬間ではないかなと、最近思うようになりました。

 

別に本当にやることがないからそう言っているのではなく、「あぁ・・・やりたいと思えることがない」という表現がおそらく正しいのでしょう。

 

こうなってくると完全に無気力になってしまうので、ダラダラとゲームをしたり動画を見たり、寝転がって気がついたら休日が終わっていた、なーんてことになります。

 

子どもがいる家庭だと、子どもがある種の刺激になるため、あまりこういうライフスタイルは取りにくいと思いますが、一人暮らしでは簡単に陥ってしまうリスクがありますね。ボクもいやと言うほど実体験済みです。

 

やることがないならとりあえずコレを

この落とし穴とも呼べる空虚な穴に落ちない方法は・・・一言ではちょっと難しい。

人によって価値基準がバラバラなので、「これが正解です」とは言いにくいところがあります。

どんなアドバイスも、その人が実行できるレベルのものでなければ意味はありませんからねー

 

比較的ハードルが低く、だいたいの人でできるエクササイズとしては「散歩」でしょうか。

別に緑の中を歩かなくたって、街の中を闊歩してもかまいません!身体を動かすことが何よりも大切だと思います。

 

科学的に見ても、筋肉を動かすとベータエンドルフィンという気分を高揚させるホルモンが分泌されるので、落ち込みにくくなりますねー

 

「好きなものはゲームです」はハイリスクロウリターン

自分の好きなことをやることが一番なのですが、難しいのが「その行動が自分の未来につながるものなのか」という点です。

 

最近はスマホゲームが一般的になってきているので、時間があればスマホでゲームという方もいると思いますが、ゲームに使う時間はいわば自分の資産なので、投資した分だけの見返りがないと、いずれ後悔することになりかねません。

 

特にバーチャルでの時間の消費は、物質としても残らないのでちょっと微妙なところですね。

 

仮想空間でのコミュニケーションは、現実のコミュニケーション以上に難易度が高いという話を聞いたことがあり、そこで磨かれるスキルは現実にも十分応用できるそうです。

そういう視点でオンラインゲームをやるのであれば、いくらか収穫はありそうですが、それを言ってしまうと現実世界で人と交流した方がもっともっと収穫があります。

 

「だって好きなものがない」は知識と経験不足

「そもそも自分の好きなことが見つからない」という人も結構多いのではないでしょうか?

誰だって最初から知っていたわけではなく、ある種の偶然により「自分の好きなもの」を発見しています。

 

そしてその偶然は、「自ら探す」というアプローチを行うことで、遭遇する確率が上がるものです。

なので空虚な日々を過ごしている人、なんとなく毎日が面白くない人は、「自分の好きなもの、情熱を注げるもの」を探すことをオススメします。

 

ただ何となく情報を眺めていても見つかりません。

気になるものがあれば、それに触れ、実際に体験を通すことによってはじめて血肉になります。

 

虚しさや退屈さは人の寿命すらも縮めてしまう「死に至る病」です。

溌剌とした日々を送るためにも、自分の情熱を注げるものをできるだけ早く見つけたいものですねー

 

やっぱり多動性っていいなぁー

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松タカシ