【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

上司が使えないなら上司を使え! ボスマネジメントは必須のスキル!

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松です!

 

ボスマネジメントという言葉をご存知でしょうか?

 

「寄らば大樹の陰」「長い物には巻かれよ」と、上司の太鼓持ちをするのが悪しき日本の風習と見られることもありますが、本当にうまい人にとっては、これすらも上司を巧みに動かす手法の一つにすぎません。

 

そう、ボスマネジメントとは組織を健全に運用するためには、対不可欠のマネジメント方法なんです!

 

「あいつにいくら言ってもねー」「というかその前にこっちの話を聞いてほしいよねー」と愚痴を垂れている暇があったら、ボスマネジメントを学んで組織をあるべき姿に改変していきましょう!

 

そもそもボスとは何者か?

そもそもボス=上司とはどういう立場の人なのか?

そんなに難しいものではなく「組織としてあるべき姿を追求していく中で、部下の業務遂行が円滑に進むよう管理する立場の人」です。

 

つまりボスというのは、部下あっての存在であって、部下のいないボスはボスではないということですね。まぁ当たり前ですが。

 

「国があっての王」というフレーズを耳にしますが、つまりそういうことです。

部下のみなさんは、あなたがいるからこそボスはボスとして君臨することができるのです!そういう意味では自信をもってください!

 

ボスにはボスの使命がある

よくコミュニケーションの鉄板として「ホウレンソウ」というものが挙げられます。

 

ほとんどの部下のみなさんはホウレンソウやっていると思いますが、さてボス側にもこのホウレンソウが必要だということに、ボスのみなさんは気が付いているのでしょうか?

 

当然上に立つ人間として、部下よりも責任ある立場ということになりますが、ここでいう責任とはなんでしょうか?

それは「部下の業務遂行が円滑に進むよう管理する責任」ですね。

 

なのでトップダウンで下りてきた情報展開が漏れて業務に支障がでたら、当然ボスの責任です。情報展開することで業務効率が上がるのに、展開していないのもボスの責任です。

 

これらトップダウン式のボスから部下に向けてのホウレンソウができていない人が結構多い・・・・

 

他にも業務改善を図るなかで、部下に相談をするのも仕事ですし、各種プロジェクトの進捗状況を共有するのも当然ボスの仕事になります。

 

どうでしょうか?ボスのみなさんはこういったホウレンソウができていますかね。

変にふんぞり返って「オレにワタシについてこい」とかやってません?古すぎですよ。

 

ボスを使うとはどういうことか?

さて、ボスという生き物の生態について解説してきましたが、ここからがボスマネジメントのお話になります!

 

ボスにはその使命とそれに見合うだけの権限があります。義務と権利の関係ですね。

 

対して部下の人たちの権限、権利については範囲がより限定されますので、さまざまな意見を通しにくく、また情報の取得 もセーブされています。そいう背景があるのでみんなブーブー愚痴を垂れているわけですが。

 

ボスマネジメントとは「上司の持っている権限を有効活用」する手法という風に表現することができます。

 

ボスマネジメントの本質は「代理」

 

上司と言えど一人の人間。その力量には限界がありますので、業務の一部を部下に委任し管理することで業務を遂行しています。

 

ですので部下と上司は本質的には一蓮托生の関係です。

 

上司は部下を操作しますが、部下の動きに上司が合わせることで、結果として操作されるという相互に補完的な関係でもあるんですねー

 

なので、部下の人たちがボスをマネジメントする本質とは、自分たちの意見を代理してもらうことにあります。

 

代わりに何を言ってもらったり、代わりに何かをしてもらったり、代わりに誰かと交渉してもらったり。

そのポストや人柄に応じた威光を有効活用し、部下の意見に箔をつけ、虎の威を借りて組織に影響を及ぼす、といことですねー。うーんクレバーです!

 

マネジメントに失敗しないコツ

ボスマネジメントと口で言うのは簡単ですが、実際にやるとなるといくつか守らないといけないルールがあります。まずはその大原則は押さえておきましょう!

 

1.自分の意見に固執しない

 →人間は誰しも自分は正しいと思っているもので、結果としてそれが我執にもつながります。特に部下の人は入手できる情報がどうしても狭くなるので、意見の幅も当然狭いものになります。「井の中の蛙大海を知らず」を肝に銘じて相談にいきましょう!

 

2.基本は共感の姿勢

 →「固執しない」にもつながる部分ですが、ボスやそのほかの人たちの意見に対しては基本は共感の姿勢をもっておくべきです。共感といっても、唯々諾々と頷くのではなく「あなたはそう思っているんですねーふむふむ」くらいのレベルですね。

 

3.利己的な意見はふつうにつぶされる

 →会社とは社会性の権化です。利己的な振る舞いは当然許されません。挙げる意見が「誰のため」なのかは常に考える必要がありますね。

 

4.どう転んでも「まぁいいか」がちょうどいい

 →意見を持ち込んでそれを採用してくれるかははっきりとわかりません。確信があったとしても、相手の気持ちしだいではふいにされることもままあります。「まぁいいか」の精神を持っておくくらいがちょうどいいのです!ストレスたまりませんよ!

 

 

なんといっても人を見る目がどんな環境でも必要

社会の中で生きていくと常々感じるのですが、人を見る目というのは絶対に磨いておかないといけないなと思います。

 

人間一人で生きていくことはできません。必ず誰かと一緒に何かをしなければ、生存すら危うくなります。

 

その誰かがどんな人なのか、自分なりに把握したうえで接していかないと、場合によっては争い事に発展したりしかねませんね。

 

いついかなる時でも人を見る目というのは養っていく必要がありますし、これはボスマネジメントにおいても必須のスキルだと言えます。

 

見る目を磨くには予測とフィードバック

では人を見る目を磨くにはどうするのか?

 

これは才能ではなくある種のスキルなので、トレーニングすれば鍛えることができます。

そのためには1.予測する  2.フィードバックするの2つが必要です。

 

よくあるシチュエーションで言えば、新入社員が入ってきたときなんかが良いですね。

 

まずは第一印象でどういう人間なのか推測をしておきます。

そして触れ合っていく中でもどういう人間なのかを観察します。

 

最初に抱いた印象と観察の結果判明した人柄がどれだけ合っていたかチェックする。

これを繰り返していけば、確実に見る目を磨くことができます!

 

アリがちなミスとして、フィードバックがないトレーニングをする人がいます。

例えば待ちゆく人の人間観察なんかがそうですね。

予測はできますが、それが正しいのかが分かりませんので、妄想力だけたくましくなってしまいます。

 

必ず「本当はどういう人なのか?」が分かる環境でトレーニングしましょう!

 

だいぶ長くなりましたが、ボスもしょせんは1人の人間です。そう思うだけでもいろいろと見えてくることがあります。

 

ボスマネジメントに興味を持たれたら、ぜひご自身でも勉強し、自分と周りの人達の幸せのために、マネジメントをうまく使いこなしてみてください!

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松タカシ