【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

メンタリストDaiGo流 部屋をいつまでもキレイに保つオススメの方法

先日DaiGoさんが片づけ術の放送をされていましたので、備忘録を兼ねて軽くまとめたいと思います!

ちゃんとした内容を知りたい方は、チャンネルにご入会の上で拝聴くださーい

 

物を手に入れるときはワンイン・ツーアウト

ボクはミニマリストではありませんが、子どもが産まれてからは以前よりも物をあまり持たなくなりました。漫画とか一掃しましたね。

 

とは言っても、気が付くと物が増えていることがあり、「これいつ買ったんだっけ・・・しかも何のために?」となることもちょいちょいあります。

 

物だけではなく、捨てないといけないものもコツコツと着実にたまっていくので、定期的に断捨離をしないといけません。

 

そんなキッカケづくりに向いている思考方法が「ワンインツーアウト」。英語にすると"One In Two Out"ですね。

 

これは物を手に入れるときの判断基準で、その名の通り「1つゲットするなら2つ捨てようぜ」という非常にシンプルな考え方です。

 

この考え方が身につくと、そもそも不必要なモノを買わなくなることに加え、より効率のよいアイテムをゲットしようという考えになります。

ミニマリストの人たちはたぶんこういう思考があるんでしょうね。勉強になります。

 

絶対守護領域サンクチュアリを作る

サンクチュアリとは聖域のことですが、絶対に汚さない綺麗なゾーンを1か所作っておくと、それを基準にして「あぁキレイにしないと」とう意識が働きます

 

例えば玄関なんかは、来客があると必ず使う場所なので、ここだけでもキレイにしておくと効果がありそうですね。

 

あと個人的にはトイレなんかはすごくキレイにしているといい気がします。毎日使いますし、清潔感がよりほしい空間なので、サンクチュアリ推奨スポットです!

 

お店なんかでもトイレが汚いとサービスも貧弱だし、キレイだと全体の雰囲気も良いですからねー

 

写真によるフォトミラーリングで常にキレイを意識

フォトミラーリングとは勝手に命名してしまいましたが、ミラーリング効果を鏡ではなく写真で代用した方法です。

 

人間は自分の顔を鏡で見ると、より客観的に、より冷静になれるという効果があるのですが、それを顔ではなく部屋バージョンにしたものがこの手法です。

 

方法は簡単で・・・・というかまずは掃除しないといけないんですが、片づけた綺麗な部屋をパシャリと写真におさめます。

それからそれを印刷し、部屋のどこか目のつくところに飾っておくだけ!

 

こうすると「あるべき姿」である写真と、「現状」である今の部屋を頻繁に比較することになるので、汚れや乱れにすぐに気が付くようになります。

DaiGoさんもこの方法はすごく推奨されていました。

 

他にも「とりあえずボックス」だとか、水回りはペーパータオルがよいとか、石鹸の香りを使う理由だとかも放送にありましたので、「なにそれおいしいの?」と思った方は、どうぞご入門ください。

 

みなさんも部屋を常にクリーンな状態に保ち、フィジカル、メンタルともに健やかにお過ごしください!

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松