【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

夜の10時を過ぎると元気になる人必見!科学的にその理由を解説します!睡眠大事!

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

最近睡眠について興味が出てきましたので、ちょっと知識の拡張を図っています。

そもそも人間にはなぜ睡眠が必要なのかみなさんはご存知ですか?

 

答えは超回復のためです。

 

回復ではなく、超回復とはどういうことなのか。

これから説明していきます。

 

適切な睡眠時間については諸説あり、正直どれが適正値かは明言ができません。

理由として、睡眠は「時間×質」で成り立っているからです。

いくら時間が多くても質が悪ければ十分ではないということですね。逆もしかりです。

 

ただし一般的には、睡眠のサイクルである90分ごとに覚醒するのがよいといわれています。なので90分×4回の6時間や、7時間半あたりが現実的な睡眠時間になりそうですね。

 

どの時間が適切なのかは、質以外にも性別、年齢、生活習慣、体温などなどいろんな要素が影響しますので 一概には言えませんが、目安として朝10時の段階で眠気があるかどうかでも判断できます。

眠れければ時間が足りないか質が悪いということです。

 

では本題の超回復についてですが、なぜ回復ではないのか。

それは人間の体は夜に成長するからです。

 

成長ホルモンという言葉は聞いたことがあると思いますが、寝ている間に分泌されるホルモンが、身体の傷を癒しその強度を増やしてくれます。

 

身体だけではなく脳も成長します。

日中さまざまな活動を通して、身体の細胞は壊れていきますし、脳の細胞も同様にダメージを受けます。また、脳内には毒素が蓄積していきますので、放っておくと大変なことになります。

 

実際に日中の脳の認知機能は、起床後12時間経過するとお酒を飲んだときと同じレベルにまで低下するというデータがあります。

なので、6時起床の人は18時の時点で飲酒しているのと同じということです。残業せずに帰りましょう。それが世のため人のためです。

 

しかも、日中の脳内は内圧の影響で脳みそがミッチリ詰まっているので、毒素の浄化が進みません。逆に寝ている間は脳みそが萎縮するおかげで、毒素の浄化が非常にスムーズに進みます。

 

以上を踏まえて、もし仮に寝ないとどうなるか。それを実際に証明する、とある病気があります。

 

1000万人に1人という確率で発症する眠れなくなる病気「致死性家族性不眠症」です。

残念ながら治療法はなく、その名の通り100%死んでしまう恐ろしい病気です。

まさに眠ることは生きるために必要な行為だということを教えてくれる事例ですね。

 

ほんとマジ寝ましょうみなさん・・・・

 

回復や浄化以外にも、寝ている間は視覚情報が遮断されるおかげで、脳はゆっくりと脳内情報の整理を行うことができます。

夢などはこの処理の影響というふうにも言われていますが、寝ることで記憶力が向上し、認知機能も上がります。

 

とういことで、睡眠はただの疲労回復だけではなく、さらなる強化を行うことで明日の活力をチャージしてくれているんですね!

これだけ書けば分かっていただけると思います!

 

よし!寝るよう!6時間以上寝よう!質を上げて寝よう!

 

ちょっと待ってくださいね。実は寝る時間も結構大切なんです。

・・・えぇそうなんです。睡眠と一言で言っても結構いろいろ考えないといけないんです!めんどくさい!

 

では何時に寝るのがいいのか。それは22時からです。

現代人にとって22時はまだ早い時間ですよね。ボクは娘の影響もあってむしろ22時台に寝ないとスッキリしないサイクルになっていますが、ふつうの人はもっと遅くに寝ると思います。

 

22時の理由を説明する前に、そもそもなぜみなさんが22時過ぎても起きていられるかを説明します。先ほども言いましたが12時間経つと脳はもう正気を失っているんですよー

 

人間の食事は日中の活動のエネルギーにするためでもありますが、実は夜の睡眠に向けての貯えでもあります。

先ほども話した通り、寝ている間は修復と強化にエネルギーを消費するので、ある意味で飢餓状態になります。なぜなら寝ながら食事はできませんからね。

 

そうなると日中に確保したエネルギーだけでは足りなくなるので、貯えた脂肪などを分解し、さらなるエネルギー供給を行う仕組みになっています。

 

その追加エネルギーの供給開始時間が、なんと22時なんです。

なので22時を過ぎるとちょっと元気になるのはこの影響だったんですね。

 

もしそのまま夜更かしをしたらどうなるか。

それは夜中の超回復に使われるエネルギーを消費してしまうということになります。

ただでさえ超回復の時間が削られているのに、加えて必要なエネルギーまで消費してしまう・・・そりゃ不十分にもなりますよ・・・

 

夜更かししているくせに「いやぁー最近疲れが取れなくて」「あぁー眠い帰りたいー」とぼやいている人は、自分で自分の首を絞めているだけです。

反省しなさい!アホたれめ!という感じですね。

 

長々と書きましたが、睡眠をただの疲労回復として見るのはなく、超回復のために必よな行動であると再認識すれば、いかに大切なものなのかが分かると思います!

 

日中にできるだけ長い時間自分の正気を保っていられるよう、ちゃんと寝ましょう!

 

ハイキネオーナー 門松タカシ