読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

ボクの強みを最大限活かすには、もうブログしかないと思ったそのワケ

さて、みなさんは自分自身の強みを挙げることはできますか?

5つ挙げてみてください。

 

よーいドンッ!

 

 

 

はい!どうでしょう、パッと思いつきましたか?

 

普段の生活で、自分の強みを意識する機会なんて、面接や業績評価など誰かに自分を売り込むような場面くらいしかありませんよね。

自分を売り込むのって地味に苦痛ですよね・・・履歴書を書くとゲンナリします。

アレほんとにいるんですかね・・・

 

ちなみにボクは強みを5つ挙げられます。

学習欲、収集心、内省、個別化、着想

この5つがボクの強みです。

 

なぜこんなにサラリと5つ上げることができるのか?

実はとあるツールを使ったからです。

 

それはストレングスファインダーというツールです。

 

聞いたことがある方もいると思いますが、実際に使ったことがある方は少ないでしょう。

最近ボクの周りではこのツールがちょっとブームで、友人、奥さん、部下などがこのツールを使って自己分析をしています。

 

ストレングスファインダーを初めて知ったのは、プログブロガーであるイケダハヤトさんのブログです。たしかイケハヤさんの奥様には、ボクと同じ内省の強みがあったと記憶しています。

 

このストレングスファインダーでは強みを34個に分類し、そのうち5つの強みを優先順位的に教えてくれます。

 

本を買うと一緒にシリアルコードがついてきますので、サイトにアクセスして入力するとテストがスタートするんですが・・・このテスト、30分以上かかる骨太な内容になっています。時間がある時にやることをオススメします。

 

加えてちょっと日本語が難解で、活字に慣れていない人は少し苦戦するかもしれません。しかも1問20秒という制限付きなので、「意味がわからない」と唸っていると次の設問に飛んでしまいます(ボクの奥さんはそれで何問か飛ばしてしまったようです)。

休日のスッキリ目覚めた午前中にやることを強くオススメします!

 

ただし、そんな苦労の甲斐あってか出力される強みはどれも興味深いものです。

科学的手法によって算出される結果なので、そこらへんの適当な適正検査とはレベルが違います!

 

やってみて一番よかったなぁと思ったことは、今まで弱みだと思っていた部分が、実は強みだったことに気づかされたことです。

 

ボクは自他ともに認める飽き性です。

これを特性として受け入れ、活かしていこうと考えた時期もあるのですが(それがこのブログなんですが)、それでも何となく罪悪感があり、徹頭徹尾にあこがれていました。

 

ただしこのテストの結果を見ると、ボクにとっての徹頭徹尾は、むしろ強みを捨てる選択だったようです。早めに気がづいてよかったですよー

 

ボクの強みの1つである学習欲ですが、これはその名の通り学習に関わる強みです。

学習によって得られる成果より、学習するそのプロセスに重きを置くという点が特徴的ですね。

なので結果が出なくても、そのプロセスに満足すればそれでよしとする、これがボクの飽き性の原因でした。

子どもの頃はゲームをするよりも、ゲームの設定を知る方が好きで、やってもいないゲームの攻略本を買っていたのを思い出しました。まさに学習欲ですね。

 

加えて収集心という強みもあり、これはいうなればコレクター気質のことです。

ただし物欲だけが対象ではなく、知識欲や体験、経験なども対象になるため、前者の学習欲とのシナジーで、ボクの好奇心に幅を持たせる結果となりました。

これも飽き性に拍車をかけていたというわけですね。

 

また着想という強みは、物事に秘められた関連性を見つけ出すことに長けた特性です。いうなればアイディアマンのことなのですが、学習してコレクトした物事に関連性を見出すことができる・・・なんという親和性でしょう!

 

さらに言えば、個別化という強みもここに拍車をかけます。

これは物事のユニークさに魅了されるというもので、個性を見出しそれを引き出すことに長けています。つまり、学習して収集した物事のユニークな側面に注目し、ほかの物事との関連性を見出し新たなものを創造する!すごい!なんかアップルに就職できそう!

 

さらにさらに、内省の強みによる脳内シミュレーションスキルをここに足すと・・・もうなんかトンデモナイものを作り出せそうな、そんな妄想に襲われます!

 

こうやって考えてみると、ボクの強みは相互に強い関連性を持っていて、上手に活かすことができれば相当なシナジー効果を生み出せるもようです。

 

ではそれがなぜブログなのか。

 

まずブログ運営の基本は情報です。情報を収集するか、生成するかは人によると思いますが、ボクの強みはその両方が実現できるようです。

 

また情報はその種類が豊富です。豊富というよりも加速度的にその種類を増やし続けています。これはボクの飽くなき探求心にフィットする関係です。

 

こう考えるとブログ運営はボクの強みにかなりフィットしている印象です。

他にも向いている方向性はあると思いますが、今ボクの手持ちの知識や経験による最適解は、ブログという答えを導きだしています。

 

仮にボクがどこかの企業に就職して(というか今その状態ですが)働いた場合、この5つのスキルすべてを活かしきることができるかと言われると、なかなか難しいですね・・・。

 

政治的な人間関係が強みの活用をかなり阻害すると思います。

 

「これをこうすればこう解決するじゃないか」「なぜこんな非効率的なシステム運営になっているんだ?」

と心の中で罵倒を浴びせたことは数知れず、必要に応じて部下、同僚、上司に話したりするこもありますが、みんな「そうなんだけどさ~」で終了。

そんな雰囲気を作り上げているのが、政治的な背景を踏まえた人間関係です。

 

そりゃ集団で仕事をしていますから、個人の思惑が複雑に絡むのは分かります。

けれどその結果が仕事の効率を落とし、業務の進行を遅延させ、従業員のロイヤリティを下げているのはどうなんでしょう。

 

組織として目標や目的が明確になっている状況ですらも、それに向けて動くことができない。そんな環境ではボクの5つの強みを十分に活かすことはできないと思い至ったわけです。

 

そうなると個人レベルで活動するしかありません。

ただし知名度も何も持ち合わせていないボクには、新たな人脈でのビジネスはちょっと厳しい・・・。

 

ということで行き着くのはブログ運営、つまりブロガーです。

 

なんだか強みやストレングスファインダーについて紹介しようと思っていたのですが、後半は完全に会社への積年の恨みになっていますね・・・

 

自分の強みを最大限に活かすことは、それそのものが社会貢献です。

みなさんも自分の強みを理解し、それを磨き上げることで、自分だけではなく関わる全ての人々を幸福にすることができます!

 

つまり強みを活かすということは、人類やあらゆる生き物を救うことになるわけですね!なんという気宇壮大!

 

自分探しの旅なんかよりも、たった1冊の本(しかも1700円!)で自分が見つかる。

なんてリーズナブルなんでしょうね。興味を持ったら即実行です!

己を知り、百戦錬磨の人生を歩みましょう!