読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

詠唱時間なしの究極魔法で人生を緩やかに下降させる方法

よくブログネタに目標達成について書きますが、最近身近でよく見る成功しない法則について書きたいと思います。

 

それは、「自分にはできない呪文」です。

これ結構甘く見られていますけど、メラゾーマアルテマよりも強力ですよ。

 

人類最凶の呪文「ジブンデキナイ」

どういう呪文かと言うと「いやぁーこれはちょっと無理かなぁ」「私にはできないよ」とかこういう系です。謙遜で言っている場合もありますが、謙遜であっても言ってはいけません!

 

なぜいけないのか理由をこれから説明していきます。

 

自己暗示で変化を回避

まず人間は変化を嫌う生き物です。ボクのブログでもしつこいくらいに書いている話になるんですが、起こりうる変化を事前に抑制し、起こった変化を元に戻す仕組みが脳にあります。

これは本能によるものなので、意識的にコントロールするのはちょっと難しいですね。

 

このセルフネガティブトークの正体は起こりうる変化を事前に抑制しようとする無意識による発言です。そんなつもりはないと言っても、意識していないので当然です。それくらい強力な抑制機能があるんですね。

 

やらないように自己暗示をかけて、変化が起こるのを防いでいるので、言わないだけでも暗示効果を減らすことができます。

 

広範囲が被ばく対象

続いてこの呪文は伝染性があります。というか言葉そのものが伝染性の高いコミュニケーションツールなので、当然と言えば当然ですね。

「自分できない呪文」が発動すると、周囲一帯の人たちの無意識にも刷り込まれるので、自分できない人間が大量発生します。

普通に考えて超怖いですね。できるだけ影響受けたくありません。

 

ただ、逆に言えば「自分できる呪文」を唱えることができる人と一緒にいたら、逆の効果が期待できますね。

 

自己防衛機能は完備

セルフハンディキャッピングという言葉を聞いたことはありますか?

これは失敗した時に自尊心が傷つかないようわざと逃げ道を用意しておく無意識の行動です。そしてこの呪文にはそれと同じ効果があります。

 

事前に自分とその周囲の人に、いかにしてできないかを報告しておくことで、実際に失敗しても「ほらね。言った通りでしょ?」と言えるわけです。

 

これが無意識によって行われるのだからほんと怖いですねー

というか人間の自意識って無意識レベルで高いんですね。自意識ライジングです。

 

詠唱時間ゼロの呪文

言葉とは自分の内面から発せられているもの、自分で制御できているものと意識しがちですが、無意識によるコントロールがこんなにあると分かると迂闊なことが言えなくなります。

 

何気なくつぶやくネガティブな発言、グチ、悪態、そういったものは自己暗示をかけるために原始脳が言わせているんですね。ちっとも理性的ではないわけです。

 

よく成功するためのハウツー本でも口癖を直しなさいと言いますが、脳科学的に見てももっともな方法ということになります。

 

気を付けましょう!