読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

禁煙に失敗する人はアプローチが間違っている!? 悪習慣の絶ち方について

ボクはタバコは吸いませんし、お酒も付き合いで飲む程度で、どちらも人生からなくなっても何ら支障はありません。

 

この嗜好品とも呼べるものが、必需品になっている方もいますが、体に良くないことが分かっているのにやめられないのはなんだか不思議です。

 

最近は受動喫煙が及ぼすガンのリスクは確定したらしいので、自分だけではなく他人にも迷惑をかけているので、ちょっと自重してほしいですね。

 

さて、これまで習慣について話してきましたが、このタバコとお酒も習慣による影響が大きいと言えます。

 

問題を解決するには今どこにいるのかを知るべし

ボクの同僚であり友人である人物も、女性とお付き合いするためにタバコをやめる、もしくは減らすということでチャレンジをしていました。

結果として、本数を減らすことができたようですが、結構大変だったみたいです。

 

そんな彼にボクがアドバイスしたのは、まず現状把握でした。

 

いつ、どういうときに、どのくらいタバコを吸いたくなるのか?

これを記録するようにオススメしました。ログダイエットというものが一時期はやりましたが、それと同じ原理です。

ハードルが高いという方は、記録に取らないまでも記憶にとどめておくくらいはやっておきたいですね。

 

新しい習慣は既存の習慣とセットになると身に付きやすい

こうしてみると多くの場合、「ちょっと一息」「食後の一服」「コーヒーのおともに」といった具合で、何かとセットになっていることがほとんどのようです。

 

習慣を促進する方法に「もののついで」というものがあり、既存の習慣に新しい習慣を乗っけることで、意志力の消耗を抑えながら習慣化する方法があります。

喫煙という習慣も、ほかの習慣とセットになっているのでその流れで吸ってしまうようです。

 

無意識は「無」意識

無意識の威力はすさまじいものがあって、よく氷山の一角で表現されます。

でも、正直いってあまりピンときませんよね?

 

それは当然で、「無」意識なので意識することはできないんです。分かるのは無意識に行った行動の結果を観測するだけなんですね。

 

この無意識パワーが働いて、喫煙という悪習慣に拍車をかけています。

場合によっては8割、9割がたはこの作用によるものと言ってもいいでしょう。

 

ということで、ちょっとでも喫煙の習慣を変えたい人は、喫煙そのものではなく、セットになっている習慣を変えていく必要があります。

 

習慣の土台から変えていく

喫煙という行為には化学物質による中毒性が作用しているので、それ自体を変えるというのはものすごーい意志力を消耗します。

ただでさえ普段の生活でちょっとずつ減っていく意志力が、ガッと持っていかれるのであまりオススメできません。

 

具体的な話をすると、たとえば休憩の時に喫煙室に足が向かってしまう人は、まず別の場所で休憩する習慣に変えましょう

もし吸いたくなったら、休憩としてではなく、あくまで喫煙のための喫煙にするようなイメージでするといいかもしれません。

 

意欲をそぐ簡単な方法

加えて先ほど意志力の話をしましたが、人間の意志は意欲によってブーストされ、初めて行動に移すことができます。

 

このブースト作用、つまりは意欲をそぐことによって意志の力を弱めることができますので、悪習慣に対してはそれを逆手に取る方法があります。

簡単に説明するとひと手間が発生する状況を作るになります。

 

タバコを例にとると、まずポケットに入れないようにします。ライターも別の場所に保管しておくといいですね。鞄の中やロッカーの中にしまうようにして、吸うためにひと手間かかるようにしておきます。

 

もっと工夫するなら、タバコを入れる箱を開けるのに手間のかかる入れ物に変えるというのも効果的です。

 

こうすることで「タバコを吸う」→「手間がかかる」→「意志力が消耗される」→「吸いたいという意欲が弱くなる」→「意志が弱くなる」という図式が完成します。

 

妄想でブレーキをかけるという方法

さらに意欲を弱める方法として、「吸っている状況を想像する」というものがあります。

よく「成功をイメージするんだ!」「達成した姿を思い浮かべろ!」というモチベーションアップの話を聞きますが、逆効果になる場合があるそうです。というか逆効果しかなさそうです。

 

人間は面白いもので、行動に移していなくても想像するだけで達成感を味わうことのできる生き物なんです。

 

その弊害として、達成感を味わってしまうと意欲が消費されるので、それだけブースト機能が低下します。

 

夢をかなえるためには行動に移さないといけませんが、逆に行動に移さないようなイメトレをしてしまうなんて、なんとも皮肉な状態ですね。ボクはこれを知ってからは妄想するのをやめました。

 

しかし、これは悪習慣には効果的です。

タバコを吸っている状況を想像することで、吸いたい意欲を消費させ、行動に移しにくい状況を作っていきます。

 

悪習慣を絶つ方法のまとめ

ということで、ご紹介したこれらの方法を活用することで、タバコを吸いたいという意欲をそぎ、習慣をなくすことができるので、リバウンドというものが発生しなくなります。

 

最後にまとめておきましょう。

・悪習慣のログを取る

・既存の習慣とセットになっていないかチェック

・既存の習慣を変えてみる

・手間がかかるようにする

・悪習慣を頭の中でイメトレして疑似的に達成感を味わう

 

些細な悪習慣であっても、続かないように注意を払い続けないと、無意識による習慣でせっかくの人生が楽しめなくなってしまいますね。

 

後顧の憂いは早々に絶っておきましょう!