読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

人生から逃げる人の逃げる人による逃げる人のための考え方

人生には逃げたくなる局面ってありますよね?ありませんか?ボクは幾度となくありました。

そのたびに責め苛み、自己嫌悪に落ちるなんてザラでしたね。

今ではそういうことはなくなりましたけど、今後ないとは限りませんし絶対そういう機会は訪れると思っています。

 

ということで今回は逃げることに対する考え方を書きたいと思います。

 

逃げる行為を下劣なものに感じる

逃げるってつらいですよね。すごく惨めな気持ちになります。自分が人生の敗者になって、いろんな人にあざ笑われているような気分になりますよね。

 

でも闘うことはできないんです。それは逃げることよりも辛くて、生きることをよりいっそう苦しいものにしてしまうからです。

 

闘うも地獄逃げるも地獄。どっちを選択しても辛い結果が待っていますが、闘う場合はそれがずっと続く可能性があると思うと、もう逃げる選択肢しかなくなりますよね。

 

逃げちゃダメだ!は正義ではない

結論を言うと逃げていいんです。

なぜ逃げちゃいけないんですか?一度逃げると逃げるクセがついてしまうから?逃げると誰かに迷惑をかけるから?自分に立ち向かわなければ前に進めないから?

 

いいんですよ逃げたって。

誰だって誰かに迷惑をかけて生きているんです。偉そうなこと言ってそういう人だって迷惑をかけながら生きているんです。

うまくいっている人はもちろん努力はしたでしょう。でも運が良かったんです。全部実力じゃないんです。それに気が付かずに常識を振りかざしているんです。

 

逃げるクセがつくからなんて言いますが、そんなことは誰にも分りませんよ。それに逃げ足が速くならしめたものです。とっとと逃げて新天地を探し回りましょう。いいところが見つかればそこに落ち着けばいいですよ。

 

自分に立ち向かわないといけないときがきたら、イヤでもそうなるんです。その時はもう逃げる選択肢がなくなるんだから、そうなったときに立ち向かえばいいんですよ。今無理してやらなくていいんです。どうせ負けるんですから。

 

息が切れるくらい速く逃げる

何度も言いますが逃げていいんです。

でも逃げるんだったら全速力で逃げないといけません。

なぜならアナタの肩には逃げたいものが乗っかているんです。それが逃げると決めた瞬間に倒れてくるんですから、下手をすると下敷きになってやられてしまいます。

 

だから逃げると決めたら全力疾走で逃げてください。

 

落ち着いたらこれからどうするか考えましょう。

これからを考えてから逃げようとすると肩の重みで逃げられなくなってしまいますよ。

 

避難対策は誰にだって必要です

この記事を読む人の中には、逃げるという発想を持ったことがない方もいるかもしれません。どっちが多いかはわかりませんが、ボクはいつでも逃げられるように準備するという考え方を持つようにしています。

 

「三十六計逃げるに如かず」が口癖です。全力で逃げる姿ってすがすがしいものがありますよね。

 

大切なのは状況にこだわらない生き方、持ち物にこだわらない生き方。価値観にこだわらない生き方です。

 

人間って自分が持っているものが重くなって、逃げたいのに逃げれない、というか逃げたいという本心すら分からなくなってしまいます。

 

こだわらない生き方ができれば、いつだって逃げれるしいつだって闘えるんです

 

だからせめて、逃げてはいけないと自分で自分を袋小路に追いやって、逃げ場をなくさないでください。いつだって逃げれるんです。考え方しだいです。

 

そんな自分を追い込むようなウ〇コみたいな状況からは、三十六計逃げるに如かずです。

 

以上!

 

/門松タカシ