読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

漢方を学ぶと自分の体質にあった食事を選択できるようになる

漢方的考え方ってインドの医学 アーユルヴェーダと同じ3属性の考え方なんです

 

西洋医学的な考え方では、個人ではなくその症状そのものを見ます。

原因が病原菌ならその病原菌をダイレクトにやっつけることで症状の改善を狙うんですね。とても合理的な考え方です。

 

東洋医学は個人を見る医学

逆に東洋医学的な考えだと、症状そのものより個人を見ます。

個人の全体の状態を確認し、生理的機能を高めることによって回復を促すという方法です。

 

どちらもアプローチとして間違っていませんが、普段の生活に取り入れるなら、後者の東洋医学的な考え方の方がなじみやすいと思います。

 

特に漢方は食事に応用ができるのでオススメです!

知識を持っておくだけでも食事の選択が変わりますよ。ということでちょっとご紹介しますー

 

以前アーユルヴェーダについて記事を書きましたが、そこに出てくる3属性の概念と同じようなものがあるんですよ。

↓コレ

takashikadomatsu.hatenablog.com

 

漢方での基本3属性

漢方では体質を5つに分類しているんですが、3つの概念が軸になっています。

それが「気」「血」「水」です。

 

まるでアーユルヴェーダの「ヴァーダ」「ピッタ」「カパ」のような考えです。やはりこういう経験則を体系的に学問にしていくと共通点が出てくるんですねー

 

まぁ種族によって多少の違いはありますが、基本的に人体の構造は一緒ですからね。当然といえば当然かもしれません。

 

3つのバランスが保たれて初めて健康な状態

それぞれのバランスを崩すと未病という状態になり、生命力が低下してきて、それが悪化すると病気という形で表れてきます。

 

ただ、西洋医学的な病気という症状になる前にサインは出ていますので、そのサインをきちんと見つけることができれば、漢方などで回復させることができますよ。

 

それでは体質のバランスが崩れていないかチェックしてみましょう!

それぞれで5つ以上当てはまるとその体質になります。

 

 

 

気虚タイプ

・倦怠感や無力感があるか

・汗をかきやすい

・風邪をよくひく

・下痢をよくする

・顔色が白っぽい

・手足が冷えやすい

・めまいなどがある

・朝なかなか起きれない

・疲れていると体調が悪くなるが、休息すると回復する

・舌の色が薄い

このタイプの人は免疫力が低下していて、ストレスなどが加わるとさらに症状が悪化します。気というエネルギーが不足している状態ですね。

 

気滞タイプ

・イライラしやすい

・溜息をよくつく

・脇腹がはる

・ゲップが出やすい

・緊張すると体調が悪くなる

・のどや胸がつかえた感じがする

・月経前に対象を崩す(PMSなど)

・絶食と過食を繰り返す

・頭痛がよくある

・食事が不規則

このタイプの人はエネルギーが停滞している状態でモチベーションが上がらず、ストレスに対して敏感になっています。

 

血虚タイプ

・夢をよくみる

・不安が常にある

・目が疲れやすい

・唇、爪の色が薄く、爪が割れやすい

・尿量が少ない、便がコロコロタイプ

・髪がパサつく

・皮膚がカサカサする

・手足のほていりや寝汗をかく

・のぼせ感がる

・月経の周期が長い、もしくは月経量が少ない

このタイプの人は血が不足していて、エネルギー不足になっているため、消化力が落ちている状態です。

 

瘀血タイプ

・シミ、そばかす、くすみが目立つ

・顔色が悪い

・肌荒れしやすい

・月経痛がひどい

・手足がよくつる

・したが紫色っぽい

・肩こりがある

・月経の時かたまり状のおりものがでる

・冷房で体が冷えやすい

・あざができやすい

血の巡りが悪くなっていて、代謝が落ちている状態です。冷えやストレスで症状が悪化しやすくなっています。

 

水滞タイプ

・汗をよくかく

・よくむくむ

・下痢や軟便になりやすい

・雨の日に体調を崩す

・体が重くだるい

・車酔いしやすい

・肌がたるみやすい

・お腹からポチャポチャ音がする

・頻尿気味

・下半身太り

水分が過剰に蓄積された状態で代謝がうまくできなくなっているため、湿度が上がると影響を受けやすくなります。

 

どうでしたか?

今回は体質チェックだけのご紹介ですが、次回は体質別の食材についてご紹介しますー!

 

この食材がですね、結構面白いんですよ。

嫌いな食べ物と体質改善におすすめの食材が一致するんです!

 

 

 

以上!

 

/門松タカシ