【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

手作り鉱物の作り方の書いてある本のご紹介

宮沢賢治も愛した鉱物について語る

 

みなさん鉱物って好きですか?ボクは大好きです!

ちなみに専門の知識はあまり持っていません。産地がどうとかまでのこだわりはなく、その造形と発色の美しさに単純に引かれているだけです。

 

今回は鉱物の手作り本についてご紹介しますー

 鉱物好きは絵本からスタートした

そもそもボクが鉱物に興味を持ち始めたのは、たしかレオ・レオニの絵本を見てからだと思います。スイミーだとかで有名ですが、たしかカタツムリが主人公の「せかいいち おおきな おうち」でそれっぽい描写があったようななかったような・・・

 

まぁ勘違いでもなんでもいいんですが、子どものころから鉱物にあこがれをいだいていました。

 

当時は今ほどネットが普及していない時代でしたから、欲しくも買いに行く場所がなかったんですね。なので持っている少ないコレクションを見て楽しんでいたような気がします。

 

さらに小学生の修学旅行で山口県秋吉台に行ったこともキッカケでした。

あそこは近くのお土産屋さんにいろんな鉱物のお土産が置いてあって、後ろ髪引かれる思いで歩いたことを覚えています。

 

鉱物収集はそれなりにコストがかかる

今ではネットやらお店やらで比較的簡単に入手できます。

ただあくまでも嗜好品に分類されるので、最近は収集できていませんね。それなりにお金と時間がかかってしまいます。

 

最近は入手するよりも作る方に興味がわいてきて、鉱物を自分で作るための本なんかも買っています。

 

それがこの本です。

 

 

実はこの本を買う前に、サイトで検索して見つけた「天気管」「ストームグラス」の作り方を見つけて試しに作ってみたことがありました。

 

結果は大失敗!全然結晶にならない!なんでや!

 

ということでとりあえずやった満足感から、いまだに再チャレンジはありません。

またそのうちフィーバーしてやり始めると思いますので、それまで温めておきます。

 

素敵な手作り鉱物

この本にはストームグラス意外にもいろんな科学実験的な手作りレシピが載っています。特にやってみたいのが、ビフォスファマイトです。

 

f:id:TakashiKadomatsu:20160613102233j:plain

これ本の写真を撮ったものですが、超よくないですか?超素敵ですよね。

こんなのが部屋に飾ってあったらほれぼれします。

 

f:id:TakashiKadomatsu:20160613102406j:plain

材料と作り方についてもわかりやすく解説してあります!

次はこれを作りましょうかね。

 

作ったらレシピとポイントを載せたいと思いますので、鉱物男子、鉱物女子のみなさまはぜひご覧になってください。

 

以上!

 

/門松タカシ