読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

なりたい自分になれない悩んでいるアナタに 前準備の話

なりたい未来があるのになぜかやれない。ついつい別のことをしてしまう。そんなあなたの心の中とは。

ボクは結構ウジウジするタイプで、最近比較的まともにやりたいことをちゃんとやれるようになってきたような気がします。

 

なぜなぜどうしてなりたいの?

それではここからは質問をしつつ話を進めていきたいと思います。

えーまずあなたはそもそもなぜそれになりたいのでしょうか?

例えばプログラマーになりたいとすると、なぜプログラマーなんですか?他にもいろんな仕事がありますよ?

 

この時点ではっきりと答えられない人は、仮にやれたとしてもおそらく長続きしないと思います。目的地の決まっていないのにゴールにたどり着けるとはとても思えません。

 

よーく考えてみてください。

そしてなんでもいいから多分コレじゃないかなというものが出たらぜひ続きを読んでください。

 

 

一体だれのためになりたいの?

では続いてそのなりたい理由について考えてみます。

その理由はいったい誰のためでしょう?自分ですか?友人ですか?親しい人ですか?

 

もしこれが自分だけであったり他人だけであった場合は要注意

上手くスタート出来としても次第におかしな方向に進む可能性があります。自動車で言うとハンドルの調子がおかしい状態です。

 

人間という生き物の本質を知る

人間は社会性のある生き物です。社会性というのは簡単に言うと仲間と手を組んで、自分と自分の仲間の繁栄のために頑張るということです。

 

もし自分だけがいいという状態で頑張っていたとします。すると社会の中で間違いなく孤立するでしょう。

 

遺伝子の矛盾した意志

不思議なもので人間の体を構成している遺伝子は、とても利己的な働きをしています。しかし真に利己的であるためには、利他的でなくてはならないという矛盾があるんです。よく言いますよね?情けは人のためならずって。

 

ここで考えるべきは、そのなりたいことの理由に自分のためと誰かのためが入っている必要があるということです。

ちなみに他人のためだけっていうのはちょっと考えにくいですね。なんでもそうなんですが、自分の行いってどういう形であっても自分に返ってくるので、それはそれでちゃんと受け止めるべきだと思うんですよ。

 

それって本当に役に立つの?

ではこれでなりたい理由を考えることができました。

続いて、それになると誰の役に立ちますか?

これも先ほどの社会性の部分に関連するんですが、そもそも仕事って何か説明できます?

 

仕事って何か説明できます?

養老孟司先生も著書で仕事について述べていましたが、「誰かが困っていて、自分がそれを助けてあげることができるもの」は全部仕事になります。

 

逆に言うと誰も困っていないし、自分にできないことは仕事にはならないんですね。需要と供給の関係です。

ここで考えることはあなたのやりたいことは仕事として成立するかです。

 

これが結構難しいんですね。特に誰も困っていない部分。すでに誰かがやっていてサービスが行き届いているなら、今更アナタがやる必要はないんです。

仮にやるにしても趣味程度でいいんですよ。だって誰も必要としていないんだから。

 

ちなみに自分のスキルがアイデンティティーと同化しちゃっている人がいるんですが、それはそれ、これはこれです。自分自身そのものを武器にできるようにしないと多様な変化には対応できませんよ。

 

自分がこの世の中にどうやって貢献できるのか考える

さて、これが最低限なりたい自分のなる前準備です。

実はこれが最も難しいプロセスなんです。なんだかサクサク人生進めている人がいますが、そういう人は小さいころから無意識でこういったことを常に考えていたんでしょうね。

 

内省は慣れていないと結構つらい作業です

ここまでで説明に詰まっていまうのであれば、残念ですが自分と向き合う時間が足りていないことになります。

分と向き合うのってすごく勇気がいるし、つらいことですよ。

でもやらないと前に進めませんからね。

 

今回はここまでで前準備の説明をしました。

読んでいてつらくなったアナタは素質ありますよ!自分の中の違和感に気が付いている証拠です。

 

以上!

 

/門松タカシ