読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

情報の氾濫する海でどうやって泳いでいくか。無意識と忘却力と習慣

器用貧乏ではもったいない!やるならやはり身について人生に生かせるようにしなくては!

みなさんはふだん読書ってされますか?

世の中にはほんといろんな本があふれていて、興味が尽きません。

 

ボクは悪食な人間なので、ジャンルなんて関係なし、興味を持ったらなんでも調べて実践します。コストの問題がクリアされればですが。

 

情報をインプットしただけでアウトプットがない

なかなか読んだだけで実践に移せないものも結構あります。

本自体読まずに平積みなんていうのもありますね。

ひとまずボクは情報だけは脳内にインプットするようにはしています。

 

でも意外と大丈夫だったりするんですね。

読んだ情報さえきちんと脳内にインプットしていれば、そのうちジワジワと効いてくるんです。ただし、好奇心のフィルターに残ったものだけですけど。

 

ボクは自分自分の体験でこれを知っているので、実践ができなくてもあまり深刻に受け止めていません。3日坊主で終わってしまうものも、「まぁいいかな」と思ってそのままにしていたりします。

 

まるで種をまくように情報をばらまく

でも面白いもので、そうやって放っておいたものが、ある瞬間に急激に影響を及ぼすようになったりするんですねー。

 

最近の例だと筋トレがそうです。

元々チマチマとやったりやめたりを繰り返していたのですが、今ではだいたい毎日腹筋はやっていますし、休みの日は筋トレをしないと気がすまなくなっています。

習慣ってエスカレートする傾向があるんです。

 

発酵食品のように情報を扱う

寝かせることで威力を発揮する情報というものもあります。

有名な小説家が、作った作品を金庫に預けて時間が経ってから眺めるという話を聞いたことがありますが、これは人間の忘却力をうまく利用した方法ですね。

 

つまり自分の興味関心という好奇心フィルターを使って、本当に興味のあることをふるいにかけているんです。

 

夜に書いたラブレターは焼き捨てましょう

情報に初めて触れたときはいろんな影響で興奮していたり精神が高揚していて、とても面白そうに見えるものです。

夜に書いたラブレターと一緒ですね。ボクも人生で1度だけ書いたことがありますが、過去に戻れるなら焼き捨てます。あれは黒歴史ですね。

 

なので「おや、これは!」と思った情報は、とりあえず簡単にインプットしてしまいます。もちろん実施ができるならやっちゃってもいいんですよ。

 

でも何かこう引っかかる部分があって気が乗らないなら、それは寝かせておいていいと思います。

 

リスがどんぐりの種を土に埋めるように

そうやって時期を見てもう一度その情報に触れてみて、依然と変わらず魅力的であるのなら、それはあなたの脳にとって有益なものだといえます。

 

燃えるような恋心が覚めるような状態になっていたら、バッサリと捨てましょう。

思考に未練は不要です。

 

情報の選別を信頼できる強力なパートナーにお任せする

ボクらの興味関心趣味趣向というのは、結構多岐に割ることが多く、情報の氾濫する時代においては、それなりに選別しないと時間が足りません。

 

自分にとって効率よく有益になるものを選択していった方が、人間としてスキルアップする近道です。

 

やりたいことがたくさんある人は、忘却力を使ってみて、自分の無意識による取捨選択に任せてみるのも一興ですよ。

 

以上!

 

/門松タカシ