【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

ネガティブだっていいじゃない!むしろネガティブだって頑張れるんですよ、というコーチングの話

誰だってポジティブではないし、いつでも前向きなんてできるわけがない

いつでもハッピーで前向きな人って本当にいるんですかね。苦しいときに苦しいと感じる方が正常だと思いますよ。

 

ポジティブに生きれば人生が楽になるよって言われてもねー

世間的にはポジティブが礼賛され、ネガティブは嫌煙されている傾向にあると思います。ボクも割と最近までそんな雰囲気でした。

 

たしかにネガティブ思考な人ほど寿命が短いという実験データもでているので、そういった傾向がでるのも仕方ないのかもしれませんね。誰だって死にたくはないんです。

 

ちなみによく長生きはしたくないとか言う人がいますが、それっていったい何と比較して長いっていっているんでしょうね。明日死んでもいいんですかね。ボクはいやです。できるだけ生きたいです。

 

ネガティブは生きる強さと強かさの歴史

人間って本質的にはネガティブな生き物なんです。

 

だって生きるためには多くの危険を回避しないといけないわけですよ。

ヨチヨチ歩きの子供どもを見ると危なっかしくてヒヤヒヤしますが、他人事ですらも危機を回避させようとするのが人間の本質なんです。

 

つまりネガティブ思考といのは、いわば生きるための知恵だったわけです。

 

猪突猛進と冷静沈着

実際に職場でもネガティブな傾向のある人は慎重です。

オラオラ系のポジティブさんがガッと突っ込んでドカーンと勝手に爆発しているのをしり目に、スイスイと慎重な足取りで追い越していきます。

 

それに人生必ずしも前向きにとはいきませんし、人生観も人それぞれ、個性として尊重されるべきだと思います。

 

適切なコーチングをしないと本来の特性が台無しに

そして意外と知られていない事実ですが、ポジティブ思考の人とネガティブ思考の人に対しては、同じ言葉を投げかけても効果が逆になることがあるんです。知ってました?

 

ポジティブ系にはコレが抜群!

まずポジティブ思考の人に対しては獲得をキーワードにして言葉をかけてあげます。

簡単に言うと「〇〇すると〇〇ができるよ!」みたいな内容ですね。

 

ポジティブ思考の人にこの言葉を使うと、「よっしゃーとったるどー!」とアドレナリンとドーパミンがバンバン出始め、そのままの勢いで突っ込んでくれます。あとは勢いが物を言います。

 

ネガティブ系にはこれがキク!

続いてネガティブ思考の人には損失を中心に言葉をかけるとモチベーションが上がります。これちょっと意外ですよね。ボクはまったく知りませんでした。

 

具体的に言うと「〇〇しないと〇〇ができなくなるよ」という感じです。

 

行動を起こさないことによって発生する損失の話をするんですね。

すると損失が出ないように守りの体制に入るので、そうやって静かに闘志を燃やし始めます。あとは放っておいても自分で策を講じて乗り越えていってくれますよ。

 

ポジティブ礼賛時代の終焉

このようにしてその人の特性を見定めて、適切なコーチンをすることで、その人らしさを活かしながら望む人生を選択しやすくなります!

 

ビジネスシーンだけでなく、パートナーへの励ましや、異性へのアプローチにも非常に有効ですので、幅広く応用してみてください!

 

以上!

 

/門松タカシ