読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

平等主義と物理法則と不均衡と苦しみについて

この世界に平等というものがないことに気が付いたのは割と最近です。

みんな平等な世界ができたらどうなるんでしょうね。それこそクローンだけの世界になるんでしょうか。その世界には幸せというものはあるんでしょうかね。

 

平等と不平等

そもそも平等とは何かを考えてみると、極端な考えだとみーんな同じ状態のことですよね。それこそクローンみたいな。

 

でも世間一般でこのキーワードが使われるシーンはそこまで極端な状態ではないですね。不平等があるからそれを正す、という意味合いで使われるパターンがほとんどです。

 

不平等が起こる原因はこれ!

不平等はなぜ起こるのかですが、一言で言ってしまうとただの物理現象です。

え?って感じですよね。

でもね、原因をドンドン掘り下げていくとそうなるんだから仕方ないんです。

 

例えばお金を持っていると人と持っていない人がいます。

生まれつき裕福な家に生まれたパターンと、そうじゃないパターンで考えてみましょう。

 

二人のルーツをたどっていくと、精子卵子の結合の部分までさかのぼることになります。ね、物理現象でしょ?

 

容姿の違いもそうだし、ハンディキャップもそう。

それに経験による差についても同じです。結局全部物理現象なんです。

 

物理世界の法則

じゃあなぜ物理現象が原因で不平等が発生するのかというと、みなさんの人体を形成している原子が常にランダムに動き回っているからです。

 

世界中のあらゆる原子が均等にビシッと並んで偏りがない状態を形成できると思います?そんな世界あり得ないでしょ。

 

結局のところ平等主義を掲げるというのは、相手に対しての劣等感を正義の名のもとに裁きたいという精神があるわけです。そうじゃない平等主義というのは何なんでしょうね。むしろそっちの方が怖いです。

 

なぜ不平等だといけないんですか?

別にそのままの状態で精いっぱい生きればいいじゃないですかね?

ボクなんかお金ありませんけど、毎日一生懸命勉強しながら生きていますよ。

 

上を見上げてもキリがないですし、下を見てキリがありません。

見るのは自分だけでいいと思います。

 

ボクらは物理現象の塊です。

この心という精神活動ですら、しょせんは物理現象なんです。だから物理現象のルールの外側にはいけません。

 

この世界に平等は存在しません。あるのは不均衡だけです。

そんな弱音を吐いてないで、自分を見て頑張るしかないんですよね。

 

苦しいのはみんな一緒です。そこに大小なんてありませんよ。

 

以上!

 

/門松タカシ