読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

迷子になる人はなんとアソコでも迷子になる 仮想空間に対しての認識能力

迷子になる人ってほんと逆方向に進みますよね

ボクの奥さんは自他ともに認める方向音痴です。

 

一緒にでかけるとボクとは反対方向に進もうとするので、むしろ自分が思ったのと反対方向に進んだらいいんじゃないかと思ったりします。というか言ったことがあります。

 

でもそれをやっても反対方向に進んでしまうので、もはや何を信じればいいのかわからない状態です。

特に女性の方は心当たりがあるのではないでしょうか。

 

地図が読めない女 空気が読めない男

よく知られていることですが、女性は男性に比べて空間を認識するのが苦手な傾向にあるといわれています。

 

逆に言語能力が発達しているのでコミュニケーションの分野では男性が置いてけぼりですね。あとは色彩についても女性の方が多くの色を認識できるとか。

ちなみにボクの服のセンスは最悪です。凶悪です。奥さんのセンスのおかげでなんとか一般人に紛れ込むことができています。

 

ちなみにこれは脳の構造が男女で異なるために起こる現象です。

遠い昔、ボクらの祖先が狩りをしていたころ、男性は狩りをするために空間把握能力を発達させ、女性は集団の団結力を強固なものにするために言語能力を発達させたと言われています。

 

現代においては、そこまでの差は必要なくなってきていますが、進化の速度が環境に追いついてないんですねー

 

現代における空間認識の領域がちょっと変わってきている

職場でボクのチームには女性のスタッフさんがいます。

相談事などを受けるのですが、PCの画面を見ながら説明を受けていると、開いているはずのファイルやフォルダがどこにあるのかわからなくなり、右往左往していることがよくあります。

 

もしやと思い「よく道に迷ったりします?」と聞くと、「迷子が趣味です!」と威風堂々と答えられたので、逆に感心してしまいました。

 

どうやら空間認識というのは、現実でもバーチャルでも同じような現象が起こるようです。

 

あまり意識していませんが、実はPCの中もいろんな空間で仕切られていて、無意識のうちにそれをそのように認識しているんですねー

 

空間がその人の心理状況を表す

ちょっと話は逸れますが、車の中はその人の心の中を表すといわれています。

なんだかゴチャゴチャしている人は心の中もそうだったりするし、殺風景な人はやっぱりそういう性格だったりするとか。

 

これはPCのデスクトップ(最初の画面)にも言えそうな気がすると思い、いろんな人のデスクトップを機会を見つけては観察しています。

 

とっ散らかった人はやはり発言がおかしかったり、記憶があいまいだったりします。

逆にキレイに整頓されている人は、理路整然としていることが多いですね。

ボクはそれもあってか、要らないデータはあまりとっておかず、結構スッキリしたデスクトップになっています。

 

不足する能力は文明の力を使う

この空間認識能力については、脳の構造的に男女差があるため、それを埋めるというのはなかなか大変なようです。

昨今では科学技術の進歩によりグーグル先生などに聞けば自分の居場所ですらも教えてくれますので、そういったツールを使って補った方がいいのかもしれません。

 

逆に男性の場合、コミュニケーション能力不足はまだ機械では補えないので、努力が必要になっています。

 

どんな能力もトレーニングすれば必ず上達しますので、あきらめずにチャレンジしてみてください!

 

以上!

 

/門松タカシ