【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

習慣化の前の準備について モチベーション維持の計画

料理もそうですが何事も下準備が結果を決めるのです!

前回習慣についていろいろ書きましたが、習慣化をする前の下準備について書きたいと思います。ちなみにここに書くのは自分で実践して効果があったものだけです。

 

どんなものでもそうですが、目標がはっきりしていないと挫折まっしぐらです。

ということで、目標の設定方法から解説!

 

方角が分からないと迷子になります

例えばダイエットを例に出すと、「よし!ダイエットをするぞ!」だけではまったくもってダメダメです。そもそもゴールが決まっていません。

何キロ減らすのか具体的な数字にする必要があります。

 

距離が分からないと途方にくれます

「じゃあ10キロ減らす!」と決めたとしましょう。

でもこれだけでも足りません。いつまでに達成するのかがわかりません。

10年後の話ですか?5年後の話ですか?

時間は絶対に設定してください。こればあるのとないのでは雲泥の差です。

 

「それじゃあ5か月で10キロ減らす!」となったとします。

そうすると逆算して1か月2キロ減らす必要が出てきましたね。

ちょっと具体的になってきました。

 

では続いて「なぜ」と「なに」を考えます。

実はボクの1番最初のブログにもこれが書かれていますが、これがないと目標達成のモチベーションを維持するのは難しくなります。

 

「なぜ」というのは動機づけ

「わたしはなぜダイエットをするのか?」というキッカケについての部分ですが、これは人それぞれだと思います。いろんなものが動機になりえますので、その部分を明確にしましょう!

 

ちなみに男女で共通している強力な動機付けは「モテたい!」です。

なんか分かる気がしますね。既婚者であっても「モテたい」が動機でも全然不純ではありませんよ。だって人間として魅力があるということは、仕事などのシーンでも有利に働くからです。

 

「なに」というのは具体的な方法

先ほど1か月で2キロ減らすことになりましたが、どうやって減らしていくのかを考える必要があります。しかもそれは具体的であり、且つ現実的である必要があります。

 

例えば、エスカレーターは使わないで階段を使うようにする。

1駅分歩いて帰る。毎日腹筋を10回やる。

休みの日はジムに行く。帰り道は走って帰る。

 

まぁなんでもいいんですが、できるだけ今すぐ始められる内容がいいですね。

あれも買って、これも買ってとやっているうちにモチベーションが下がってきますし、それだけで満足してしまうこともあります。

 

そうこうしているうちに「わたしは彼氏を作るために、5か月で10キロ体重を落とします!その方法は毎日腹筋を10回やり、帰りは1駅分走って帰ります!」と目標設定ができましたよ。

だいぶ現実味が出てきましたね。

 

ここで目標達成のための方法をおさらいしましょう。

 

目標達成のまとめ

・目標は具体的にする。できれば数字で出す

・目標には必ず期限を設ける

・目標の動機を明確にする

・目標達成の具体的な方法を考える

 

これであなたも目標達成のための前準備ができるようになりましたね!

今後モチベーションの維持の仕方などについても書いていきたいと思いますので、お楽しみにー

 

以上!

 

/門松タカシ