読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

習慣について意外とみんなが知らないこと 習慣がなくなる悪魔の呪文

三日坊主も続けば習慣。というか三日坊主も習慣の1種ですよ。

やばい!せっかく続いていたのに昨日は忙しくてできなかった!もうダメだ!三日坊主になってしまったー。死ねるー。

 

こんな心の叫びをあげたことのある人は結構多いのではないでしょうか。

ボクは何回この叫びをあげたことかわかりません。むしろ数えたら絶望しそうなのでやりません!

 

悪い悪いと言いながらもヤリまくる

習慣というのは面白いもので、やろうと思っていることほど上手くいかず、逆にやってはいけないと思うものほど習慣化されていたりします。

 

たとえば喫煙や飲酒がそうですね。あとは寝坊もそうですし、夜更かしもそうです。ジャンクフードもそうですし、SNS中毒もそう。

 

ひるがえって例えば筋トレはどうですか?やってます?ボクはやってます(ドヤ顔)

ヨガやピラティスは?ランニングは?勉強は?ダイエットは?禁煙は?

 

ここ読んでストレス感じた方、おめでとう!あなたにはまだ救いの余地があります。

ここ読んで何も感じなかった方、どうぞそのままの人生をお歩みください。何も心配することはありません。心配になってきたらぜひ読んでください。

 

脳ミソ様のよる計らい

習慣というのは脳の省エネ作戦の一環です。

毎回毎回「やろうか・・・いやまて、あれがこーでこーだから、やっぱり・・・あ、でもやっぱりやろう・・・かな」と考えていると疲れますよね。

究極にいってしまうと歩くことも習慣です。歩くたびに大腿筋がどーで、大腿骨をこうしてあーしてと考えていると、その一歩を踏み出すことが非常に偉大な行為になってしまいます。

そんなことをしていたら生活に支障をきたしますので、我らが親愛なる脳ミソ様は、そこを無意識の領域で処理することで、もっといろんなことを考えられるようにしてくれています。

 

あなたの日常に潜む習慣

さて、習慣とはどうやってそうなるのでしょうか。

ちょっとみなさんの習慣を思い出してみましょう。例えば職場や学校までの通勤通学。ほぼ毎日同じルートをつかっていませんか?

初めてその道を通る時は「あぁこれでたどり着けなかったら遅刻しちゃう」と不安になりながらだったはずです。

ところが今や「あぁ今日も面白くなかった。いつもとおんなじだった。なんかいーことないかな」と余裕しゃくしゃくではないでしょうか。

ここからわかることは、習慣とは「ほぼ毎日かもしくは一定周期(間隔はできるだけ短く)で繰り返し行っている」必要があるということです。

 

でも誤解しないでくださいよ。三日坊主だからって習慣にならないわけじゃないんです。三日坊主も繰り返せばちゃんとした習慣になります

 

習慣をブチ壊す3分ブレイキング

テレテテテ、テレテテテ、テレテテテテテテテテテ、テッテ♪

今日の3分ブレイキングは「習慣のブチ壊し方」をご紹介します!

 

それは習慣を嫌悪することです。

 

「わたしってなんでコレやってるんだろう」「なんかやっているのがバカらしくなってきた」

この不穏な囁きのせいでどれだけ長く続いた習慣も一瞬でパァです。

超怖いのでほんと知っておいた方がいいですよ。

 

みんなよくやる習慣粉砕方法の決定版はコレ

さらに言うと、他人と比較した時にこの悪魔の囁きが大音量で聞こえてきます。

オマエなんてどうせ大したことねーよ」と。

耳を塞ぎたくなりますが、残念ながら脳内で聞こえるので無理ですね。

 

脳ミソ様はAとBで判別する

人間の脳は物事を評価するときに比較することでしか判断ができません。

「A君は時速10キロで、B君は時速50キロ」だとB君が速いですが、「A君は時速50キロで、B君はマッハ1」だとどう考えてもB君が速いですね。もはや人間じゃないですけど。

 

つまりボクらは自分の評価をするときには、どうしたって他人との比較が必要となります。

 

どうやって比較するかがミソ

じゃあ結局悪魔に負けるしかないのかというとそんなことはありません。

相手を軸にして考えず、自分を軸にして考えるんです。

つまり相手と比較するときに自分がその人と比べて、どの部分で優位なのかだけを見るんです。

 

「なんか人として浅ましい」と感じる人もいるかもしれませんが、そそも劣等感を感じている時点で自分と他人を競争させているんですからいいんですよ。

勝手に競争して勝手に負けるより、「あぁここは自分の方がすごい!」と思っていた方がよくありませんか?そう考えなくても人間は無いものねだりなので、変に他人を蹴落とすようなことにはならないと思います。多分。きっと。

 

 

ちょっと話が長くなってしまったので、より具体的な習慣の方法については別の記事で書きますが、まとめるとこんな感じです。

 

習慣についてのまとめ

・習慣は一定周期で繰り返さないと起きない現象

・習慣とは思考の省エネ

・習慣を嫌悪すると一瞬でパァ

・他人と比較して劣等感をいだくのは最悪の中の最悪

・自分の方がすごいもん!と思ったって全然いい!むしろ健全

 

続きはまた今度ー

 

以上!

 

/門松タカシ