読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

香りの力を使って心理をコントロール

アロマの科学的な作用はなかなか強力!

以前の記事でボクの女子力の高さについて触れましたが、
その中の一つであるアロマオイルについてご紹介。

 

そもそもアロマとは何か?実は化学物質の結晶

一応言っておきますが、アロマオイルとは草の絞り汁ではありませんからね。

エッセンス、精油と呼ばれるものをかき集めたものですが、
この精油というのはそれぞれの植物の表面に付着している成分です。

 

植物によって分泌される成分が異なり、そして分泌される部位も結構違います。

なぜ植物が精油を分泌するのかについては、
外敵からの防御というのが一般的な解釈になっていますし、
多分そうなんだと思います。

 

彼らは自分の意志で動くことができませんので、
逃げるのではなく防御をしなければなりません。

そこで化学物質で弱点を覆うことで生存率を上げているんですねー

実に興味深い!

 

日本でのアロマと海外でのアロマの違い

さて、アロマオイルはその特性に応じていろんな抽出方法を駆使し、
高い品質のものを安定的に入手できるようになりました。

 

といっても、日本ではまだそこまでの普及はないようで、
もっぱら利用しているのは女性が中心で、
医療的な意味合いはあまりないのが現状です。

 

しかし、アロマテラピーが盛んな国では、
病院にアロマオイルの専門部署があり、症状に応じてアロマでの治療もあるんです。

日本でもそのうちそういった風潮が出てくることを期待しています。

 

アロマは医療に近い存在

つまりアロマは香りを楽しむためだけのものではなく、
化学物質を扱う医療に近いものだということです。

 

そしてその効用は物理的な身体だけにとどまらず、

精神的な、心理的な効果もありますので、
薬物による作用とはまた違った側面を活かすことができます。

 

今回は特にその心理効果について触れておきたいと思います。

 

集中と加速のアロマ「ペパーミント」

この香りをかぐと判断の速度が向上することが実験で分かっています。

これにハッカなどのメンソールを系を合わせるとさらに効果が強まります。

ボクはこれで練り香を作って使ってみたのですが、すごい効果です!

 

コミュニケーションを円滑にする「ローズゼラニウム

この香りがある空間では人々の交流が円滑に進むことが実験で判明。

コミュニケーションが重要な職場で漂わせると効果があります。

 

そして、これは特定のアロマの話ではないんですが、
清潔感のある香りによって、部屋がキレイに保たれることも科学的に分かっています。

 

清潔感だと、ヒノキサイプレスなどの樹木系や、ミント系もよさそうです。

清潔さを維持したい空間で利用すると、有効な香りですね。

 

他にも瞑想に向くアロマや、精神の強壮、さらには催淫効果のあるものもあります!

シチュエーションに応じて使い分けることで、
香りという軸から自分の心理状態をコントロールすることができますよ!

 

気軽にアロマを使ってみてくださいー

 

以上!

 

/門松タカシ