【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

集中するとはどういうことかというと

人類の最強の武器は「集中」といってもいいかもしれない

みなさんは集中力のある方ですか?

ボクは残念ながらありません!かなり多動性が強い方だと思います。

 

よく集中集中tと言いますけど、集中ってなんでしょう?

一般的には物事に没頭している状態だとか、
周りが見えなくなっている状態だとかそんな感じでしょうかね。

 

集中とはフロー状態

科学的な説明においても、そういった認識でだいたい合っているようですが、
ここではあえて集中=フロー状態という専門用語をひけらかしておきます。

 

フロー状態という言葉はハンガリー出身のアメリカの心理学者、
ミハイ・チクセントミハイというお方が提唱した言葉です。
※この名前の響きが妙にオカシクて一回聞いただけで覚えてしまいました。失礼

 

フロー状態とは一般的な集中の認識にプラスして、
その状態を楽しんでいる、ポジティブにとらえているところがポイントです。
ある種の快感になっているので、脳が欲しているような状態なんですね。

 

どんな物事に対してもフロー状態を発動することができるのであれば、
ある意味最強だと思いませんか?

 

人類最強のフローマスターはいた!

実は人類最強のフロー状態を作ることのできる人物がいるんですよ。

それはゴータマ・シッダールタです。世間的にはお釈迦さまで通ってますね。

ちなみにお釈迦さまがフロー状態の名人だったかというのは、
いろんな本を読んでボクが勝手にそう思っているだけです。

 

お釈迦さまの集中力のすさまじさはすごく、
現代の科学がようやく証明してきたような物理法則をも、
その集中力の高さで観察されていたと言われています。

 

フロー状態のコントロールができたら無敵

ということで、ボクは集中力=フロー状態のコントロールこそ、
人類最強の武器なのではないかなと思っています。

よくドラマや映画でも、すさまじい集中力を発揮して、
その観察眼で事件を解決するものがありますが、まさにそんな感じです。

 

そして幸いなことにこのフロー状態は日々のトレーニングで鍛えられる、
つまり天性のものではないということが分かってきています。

 

今後フロー状態への導き方などについても、
学んだことをシェアしていきたいと思います!

 

オススメはDaiGo先生のニコ生

もし、自分なりに学んでみたいということであれば、
心の師匠であるDaiGo先生のニコ生放送に加入(入門)していただけると、
ボクよりも多彩な情報を手に入れることができます。

あの情報量で月額500は破格というかもはや変態です。

 

以上!

 

/門松タカシ