【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

イマだからこその岡本太郎 芸術は爆発だの誤解

岡本太郎を知っていますか?

芸術家 岡本太郎といえば「芸術は爆発だ」や「太陽の塔」で有名ですね。

ボクは現在28歳ですが、岡本太郎の知名度の高いフレーズは知っていますし、
コップのフチの太陽の塔」も持っています。身体をねじっているヤツです。

f:id:TakashiKadomatsu:20160604085039j:plain

f:id:TakashiKadomatsu:20160604085047j:plain

※正直、岡本先生ではなく太陽の塔が欲しかったのでホッとしたのを覚えています。失礼。

 

実はイロイロあまり知れていない人

一般的に岡本先生は前衛美術、アヴァンギャルドの先駆者として、
奇抜なイメージがついて回りますが、書籍も多く残されています。

意外と知られてませんよねー

 

最近読んだ本としては「自分の中に毒をもて」です。

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間

自分の中に毒を持て―あなたは“常識人間"を捨てられるか (青春文庫)

 

 

タイトルからもうすでに岡本太郎臭がしますが、これが非常に読みやすい!

ボクはまぁそこそこ本を読む方ですが、
読まない方が読んでも読みやすい平易な文章で書いてあります。

そしてその内容が表現とは相反して非常に深い!

そして気持ちいいくらい筋が通っているんですねー

 

恋愛観についても奥深い

特に恋愛観について触れているところでは、
「結婚にあぐらをかくような関係ではいかん」
と書かれており、ドキっとしました。

ちなみにボクは結婚していて、現在4歳になる娘がいます。

あぐらかいちゃダメなんですよ!

 

結構波乱万丈な人生だった

また、岡本太郎自身の人生についても触れている箇所があり、
自由奔放で天真爛漫な人生だったのではと思っていたボクの想像は、
大変失礼なものであったと反省しました。

その過酷な人生にありながら、あそこまで人間的に成長するのは、
やはり天性のモノがあったのではと思います。

そこらへんについてはまた別の機会にご紹介していきたいと思います。

 

そしてバクハツの正体

他にも現代を生きる人に向けて、
人生そのものを爆発させるような生命力みなぎる文章が書き綴られていますので、
ぜひ読んでいただきたいですね!

 

ちなみに岡本先生の言う爆発とは、

ドカーン、ギャボーン、チュドーン的な破壊的なものではなく、
命がぱぁっと開いていく、瞬間に集中して全力を出す

そういう今を精一杯生きることを爆発と表現されています。

 

これも結構誤解されていますね。
内容もさることながら先生のインパクトがありすぎて、
当時はお笑い芸人と肩を並べられたこともあったようです。

本人はどこ吹く風だったのがまた面白いのですが。

 

自分の中に毒をもて

現代を生きる人のバイブル的一冊です!

「自分の中に毒をもて」

ちょっとでも興味があったら、冒頭の部分だけでも読んでみてください。

 

そしてボクはこれを図書館で借りて読んだので、
ちゃんと買います!岡本先生!

 

以上!

 

/門松タカシ