読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

ボクがブログを書く理由 目標設定 パブリックコミットメント

まずは自己紹介

みなさまはじめまして。

 

ボクテキアーカイブス-HyperKinesis Thinking-

通称【ハイキネ】のオーナーこと門松タカシです。

めでたい名前ですが、本名です。

 

ブログについて

f:id:TakashiKadomatsu:20160604104937j:plain

これまでボクはブログ(日記)というものをあまり好ましいとは思っていませんでした。

なぜかって毎回毎回3日坊主ならず1日坊主で終わっていたからです。

 

クオリアで有名な茂木先生は、

日記は体験の意味付け

といったようなことをたしか書籍で仰っていたと思い、
それなりに共感できたのですがそれでも続かず・・・

 

このハテナブログもそこそこ続いていた方ではあるんですが
下書きにたまる一方になったので、ここらでリセットすることにしました。

 

ブロタイトルも変更し、結構前に自分のWEBサイト作るなら、
「ボクテキアーカイブス」にしようと思っていたものを借用。

ただしハイキネというワードは気に入っていたので、
そのまま踏襲する形になりました。

※ちなみにボクテキアーカイブスは「僕の見た秩序」からオマージュされたものだったと記憶しています。なんか盛り上がっちゃってサイトのトップページイメージみたいなものまで書いた記憶が。

 

ナゼとナニを考える

f:id:TakashiKadomatsu:20160604105726j:plain

さて、では最初のブログには「なぜブログを書くのか」「どのようにして書くのか」について触れることにします。

 

・なぜブログを書くのか

それはスキルと時間と環境の方向性がブログという媒体にマッチングしていて、
ゆくゆくはプロブロガーとしてお金を稼ぎまくるためです。

つまりお金を稼ぎまくるためですね。はい。

 

・どのようにして書くのか

もうこれは毎日書くしかありません。

プロブロガー イケダハヤトさんはこうおっしゃっています。

「え、プロブロガーになりたいって?だったら書けばいいじゃん。何消耗してるの?バカなの?」

実際にここまで言ったのか知りませんが、
兎にも角にも書くしかない!ということは再三ブログで仰っています。

 

作家の森博嗣さんや、スティーヴン・キングさんもやはり同じことを言っていました。

「とりあえず書くんだ。書けなくても書くんだ。書けないようにならないように工夫するんだ。だってそれが仕事なのだから」と。

 

具体的な計画も立てます

f:id:TakashiKadomatsu:20160604105902j:plain

さて、ここではさらに細かい目標や計画についてもコミットメントしておきます。

 

・いつまでにどのくらい?

1日4記事上げるとして、第1目標は1000記事としていますので、
250日(約8か月)の日数を要します。
んーでも8か月か・・・ちょっと微妙ですね。

 

6か月とかの方がキリがいいですね。

 

そうなると1日5.5記事。おっとハードルが上がりましたが、
チャレンジしたいと思います!

ただし慣れるまでは1記事の文字数下限値や画像挿入は考慮しないことにします。

 

・書けない日はどうするの?

その場合は不足した数をどこかの日で補うしかありません!
補います!やります!とりあえず内容の濃さではなく数で勝負します!

 

・どういう内容の記事を書くの?

ジャンル不問で書きまくります!選んでいる余裕はなさそうです。

 

計画などについてはまぁこんなところでしょうか。

 

実はこれメンタリズム的な手法なんです

f:id:TakashiKadomatsu:20160604110926j:plain

さて、ではなぜボクがこのような内容を最初の記事にしたかというと、
目的達成のためのセルフマインドセットをするためです。

 

ここでは主に、パブリックコミットメントという効果を期待して記事を書きました。

ライザップのCMでも「結果にコミット」ってコミットメントしていますが、
アレと同じで多数の第三者に公言することで、
約束を守らないといけないという心理を利用します。

 

ただ、ボクのブログは現在知名度ゼロのよちよちブログですので、
必ずやたくさんのPVをゲットし、たくましく成長したあかつきにはこの記事を見て、
「あぁ頑張ったんだな」とほくそ笑みたいと思います!ヌルフフフ

 

以上!

 

/門松タカシ