【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

Kindle Unlimitedを利用することで上がる意外なスキル!

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

ボクは比較的読書をする方ですが、その影響もあってKindleUnlimitedを現在契約しています。

 

どうもAmazon側の意向や方針なんかで書籍の幅が広がったり縮んだりを繰り返しているみたいですが、今のところは契約続行中。

 

最近は読みたいジャンルのコンテンツをあらかた読んでしまったので食指が鈍ってきていますが、カンフル剤としてこの記事を書きたいと思います。

 

電子書籍は電脳図書館

電子書籍のもっとも際立ったメリットは、在庫の所有において物理空間をほとんど必要としない点です。

 

ハードカバーの書籍は本棚に並べないといけませんので、所有するほどに空間を占有します。DaiGoさんなんかはそれを一種のアイコンにしていますが、そういった人でない限りは、コスト面で考えても省スペースの方がありがたいでしょうね。

 

持ち運びにおいても、1つのデバイスで複数の書籍を読めますので、やはり省スペースですね。ポータビリティが高いと言えます。

 

欠点は電力消耗くらい?

欠点を挙げるとすると、電力が切れたら当然読めません。

 

バックライトが明るいタイプのデバイスの場合、バッテリー消耗が高いだけではなく、ブルーライトの影響が大きくなりますので、視力や睡眠に影響する可能性が出てきます。

 

が、ブルーライトは日中に浴びる分には、集中力を高めてくれるというメリットもありますので、日が落ちてからの利用に注意すれば大丈夫そうですね。

 

電子か紙かは個人の裁量

電子書籍を利用するかどうかは、ライフスタイルや個人の好き嫌いによると思いますので、まぁどちらでもよいかなと思います。

 

ハードカバーもやっぱりいいですよね!漫画なんかは紙媒体の方が雰囲気を感じやすい気がします。

 

それにメモをしたり付箋を貼ったりできるのは紙の利点だと思います(一応電子側でもどれに相当する機能はありますが、汎用性は低いですよねー)

 

KindleUnlimitedは電脳図書館になるか?

さて、KindleUnlimitedを使ってみて思う感想は「玉石混交」です。

 

電子書籍での出版はハードルはあるものの個人でも行えますので、そういったものが増えてきている印象です。

 

ただ、やはり出版会社でフィルタリングされた作品の方が完成度が高く、個人出版らしきもので「これはいい」というものはそうそうありません。

ニッチな分野においてはそういったものも今後出てくるかもしれませんけれど。

 

この点は、「読書の質」という観点で見るとマイナスですね。

当然良書が多く揃っているに越したことはなく、良い本を探すという行為で時間が消費されるリスクがあります。

 

ではこのサービスを使って、何を得られるのか?

 

KindleUnlimitedは〇〇をトレーニングする絶好のサービス

それは「目利き」です!

 

そんなものを鍛えてどうなる?と思われた方は読書量がおそらく不足しているのでしょう。本は電子も紙も含めて膨大な量が存在します。

 

当然すべてに目を通し熟読することは不可能です!

 

できるだけ良書に出会うためにも、自分なりの目利きを磨いておく必要があります!

他人の評価を基準にするのもアリですが、それが自分の評価基準に合致するかはまた別問題。やはり自分で判断するのが一番ですね。

 

タイトルのつけ方、目次の内容、冒頭の文章などなど、本の良さを早めに判断するコツというものはいくつかあるのですが、それらを磨くことができまるんですよ!しかもかなりの冊数をさばけますので、トレーニングにはもってこい!

 

白黒バックライトなしが意外と良い

ちなみにボクはKindel Fireの初期モデルなので、白黒でバックライトもなし!夜は読書灯がないと読めません!

 

「おいおいイマドキそんなんかよ」と思われるかもしれませんが、色やデザインで誤魔化されないという利点があるのですよ!

 

スマホにもKindleアプリを入れていて、本を探すときはそちらを使うときもありますが(タブレット側は動作が遅いので)、「あれ、この本タブレットで見たときと見た目の印象が違う!」ということが結構ありました。

 

白黒タブレット側を週刊誌だとすると、カラー側はハードカバーのような印象です。

中身の薄い本ですらもデザインですごくイイ本に見える!

 

速度と目利き能力アップを狙うなら白黒もアリ

ある種のプラセボもあると思いますので、どっちがいいとは一概に言えませんが、目利きを鍛えるなら、白黒の方が惑わされる機会も減ると思います。

 

基本ざっくり読みで内容は判断してから精読するので、文字だけに集中するなら、やはり白黒の方が処理速度は速いのではないかなと思います。

 

良書を見分ける「目利き力」アップの5つのコツ

ということで、目利きを上がる方法をなんとなくご紹介します!

 

1.まずはタイトルをチェック

 タイトルはやはり重要ですね。いかにも怪しいタイトルのものは残念ながら怪しい本です。優先度を上げるのであれば、やはりタイトルがしっかりしたものにしましょう!

 

2.次に評価をチェック

 Amazonのレビューがあるかどうかも重要で、評価がついていない本はハズレのリスクがありますので優先度は落としたいところですね。評価がついていても星の数がすくなければ後回し。ただし、評価が高いのにタイトルがどうも怪しいものは、ある種の勧誘関連のものであるケースもあります。

 

3.目次をちゃんと読む

 実際に書籍をダウンロードしたら、まずは目次をチェックしましょう。これを読むだけでも内容の大方は把握できます。もしここで内容が全然わからない場合は、本がダメか自分の知識がダメかのどちらかですね。早めに見切りをつけた方がよいかもしれません。逆に「あぁ知ってる」という内容ばかりなら、読む必要なないでしょうね。あとページ数が少ない本もかなり怪しいです。勧誘系の可能性があります。

 

4.冒頭の文章で人柄を把握

 本は人が書いているものなので、当然人柄がにじみ出てきます。表現の仕方で伝わり方も結構変わるものですが、「あぁ・・・なんか読みにくい」「スッと入ってこない」と感じたら、無理してでも頑張る価値がある内容なのかよく考えた方がよいですね。KindelUnlimitedは読むのが止まると書籍の循環が止まってしまいます。読書習慣も止まってしまう可能性がありますので、気を付けましょう!

 

5.著者情報も見る

 これは結構やっていない方がいると思いますが(ボクもあまりやってはいませんが)、DaiGo先生的には重要なポイントのようで、放送のこの点について触れていました。これをすることで次の書籍を探すヒントになるだけでなく、どんな人なのか沸いてきたイメージとググって出てきた写真などを見て、イメージのフィードバックができる、という視点もあるそうです!(これは見落としていました)読書しながらプロファイルスキルを上げることができるんですねー

 

ということで、5つの基本ルールをなんとなく書いてみました。

 

KindleUnlimitedは多読速読向けのサービス

KindleUnlimitedはほんとに読むの止めてしまうと循環悪くなるので、手が止まるようなら早めに見切りをつけた方がよいですね。

 

じっくり読むタイプの人もあまりオススメはできません。

玉石混交なので、「石」に当たった時に熟読すると時間の浪費になってしまいます。

 

どんなサービスも使いようとはこのことですね。もうしばらくはこういった視点も持ちつつ、このサービスを使ってみたいと思います。

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松タカシ

筋トレは最強のソリューションではあるけれども、反作用にも注意

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

筋トレが最強のソリューションとうたわれる昨今ですが、ボクはだいたい3年くらい前から筋トレを始め、今や習慣として定着しています!(ドヤ顔)

 

特に男性の方は、厚い胸板と割れた腹筋にはあこがれがあるのではないでしょうか?

 

筋トレは単純なボディーメイキングだけではない

かく言うボクも、学生時代にそんなに運動してこなかった反動か、そういう筋肉質な体にあこがれがあります。

 

しかもただそれだけではなく、筋トレが脳の成長にも良い効果があると分かってからは、俄然やる気が出てきました!これも習慣として定着するのに一役買ってくれていますね!

 

ちょうど同じくらいの時期にメンタリストDaiGoさんも筋トレに勤しみだしたので、学生時代に内向的な人は、成人してからそういった欲求を抱きやすいのかもしれません。

 

筋トレの反作用はあまり知られていない?

さて、筋トレの仕方については探せば山のような情報がドッサリとでてきます。

 

やれREPがどうだ、インターバルがどうだ、糖質制限がどうだ、体脂肪率がどうだなどなど。どれも筋肉質になるには必要な情報ですが、筋トレには反作用的な要素があることを書いておきたいと思います。

 

簡単に言うと鍛えると免疫力が落ちます

 

スクラップ&ビルドでエネルギーを消費する

逆説的かもしれませんが、至極ごもっともな話で、筋トレの鉄則であるハードな追い込みは、一時的に体への負荷が急増します。

 

筋肉はスクラップ&ビルドで肥大化していくので、強度の負荷をかけることでまず筋細胞を破壊し、それを修復する過程で以前よりもより強くなる、という図式で増強を図ることになります。当然ビルドの段階でエネルギーを消費することになります。

 

なので筋トレ中からそのあとにかけては、身体的にはSOS状態になるわけですね。

 

緊急ブースター始動!!

加えてそのSOS信号を脳がキャッチすると、ストレスホルモンである「コルチゾール」が分泌されます。

 

このホルモンはいわば緊急ブースターのようなもので、一時的に身体機能や脳の機能を向上させるのに一役買ってくれる存在です。

 

ストレス=生命の危機と察して、それを脱出するために脳をフル回転させ、身体が俊敏に動くように調整してくれます。

 

しかし、それには代償が伴います。

コルチゾールが優位な間は、なんと回復機能が低下します。緊急時なので回復よりも生存を優先した結果というわけですね。

 

筋トレはまさに破壊と再生のプロセス

そうなると、ただでさえ身体中がバコバコ破壊されているのに、回復せずにさらに体を動かそうと働くので、破壊力抜群な状況になります。まさに追い込んでいますね。

 

この「物理的に破壊される」+「コルチゾールで回復抑制」の2つの効果が、筋力増強には欠かせず、同時に免疫機能、回復機能を抑制してしまうわけですねー

 

実際にボディービルダーの方やスポーツ選手など、体をハードに動かす人たちはすごく風邪を引きやすいといわれています。

かく言うボクも結構風邪ひきます・・・前からおかしいと思っていたんですよねー

 

どれだけ土台が良くても使えなければ意味がない

筋トレはボディーメイキング、メンタル向上、持久力アップ、脳細胞の活性化など良い側面もあるのですが、免疫力が落ちちゃうと本末転倒ですね。

 

どれだけ最高のパフォーマンスを発揮できる土台があっても、病気になると全部が台無しです。やはり何事もほどほどが一番なのでしょう・・・

 

ということで、実体験も通して筋トレ後のケアや心がけを書いておきたいと思います。

 

筋トレパラドックスに負けない5つの基本ルール

 

1.筋トレは長くやらない

 筋トレ時間の目安は千差万別で、一概にコレというものはありません。その人の体力や筋力に応じてになるのでしょうが、免疫力の観点からは20分が目安といったところでしょうか。各種目を3セット行うとなると2~3種目くらいがちょうどいいのかなと思ったりもします。日別でトレーニング部位を変えるといいと思いますが、やはり3日くらいは回復期間として空けておきたいですね。

 

2.タンパク質だけではなく糖質もちゃんと取る

 筋トレにタンパク質は必須ですが、糖質もちゃんと取りましょう!トレーニング後に糖質を取ることで免疫力の低下を抑えられるという実験結果がありますので、これは個人的にもオススメ!ただし、果糖などいわゆる純化された糖は血糖値のスパイクを誘発するので、できれば緩やかに吸収されるような糖類が望ましいですね。サツマイモなどの芋類は食物繊維もあるのでよさげです。

 

3.ちゃんと寝る

 人間にとって唯一の休息方法が睡眠です。普段から睡眠不足の人が筋トレをすると、身体の回復が追いつかなくなってしまいます。睡眠時間の目安は人によってバラつきがありますが、最低6時間が良く言われる睡眠時間の目安です。起床して3~4時間後に眠気が来るかどうかでもおおむね判断できますよ。

 

4.普段からのストレスレベルに注意

 先ほどのコルチゾールは、何もトレーニングの時だけに分泌されるホルモンではありません。普段のデスクワークなどによるストレスでも分泌されるホルモンです。日常的にストレスを感じている人は、身体の回復機能が常に低下している状況なので、ストレスケアをきちんとしておきましょう!一番効果があるのはやはり睡眠ですね。

 

5.何事もほどほどにバランスよく

 なんでもそうですが、バランスの大切さは軽視できません。いろんな情報、方法論など巷に溢れていますが、人によって個性が異なるため、必ずしも当てはまるとは言い切れません。実際にやってみて「うーん・・・」となるなら、またいろいろ調べてトライアンドエラーを重ねていって、初めて自分に合うモノを見つけることができます。

 

ということで、筋トレ礼賛の風潮が生まれつつありますが、筋トレの反作用の部分についてもきちんと把握しておく必要がありますね。

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松タカシ

 

夏場に活躍する爽やかメンズ香水 「ライジングウォーブ トランスオーシャン」

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

前に香水の記事を書いたらちょっとアクセスがあったので、最近買った香水について備忘録がてら書いておきます!

 

華やかさと爽やかさを演出する夏場の香水

ご紹介する香水はライジングウォーブのトランスオーシャンです!

 

ライジングウェーブ トランスオーシャン オードトワレ 50ml

ライジングウェーブ トランスオーシャン オードトワレ 50ml

 

 

このブランドは名前が連想する通り、夏場に付けると良さげな香水が多い印象ですね。

 

香りの特徴についてですが、トップノートはクリアベルガモット、マンダリン、ピンクグレープフルーツとなっています。

最初はすごくフローラルな感じなので「うーんちょっと女性向けっぽいかな」と思いましたが、まぁトップノートはつけてだいたい1時間ほどで変わりますのでご安心を。

 

次にくるミドルノートはヴァイオレット、ジンジャー、ペッパー、ティー、ガーデニア、ジャスミン、オーシャンローズ甘くも爽やかな印象です。

オーシャンと名前に入っている通り、海辺のクリアなさわやかさを連想する香りに変わりますので、特に夏場に着けると涼やかな印象になります。

 

最後のラストノートはムスク、ヴァニラ、トンカですが、ムスク感を結構感じますね。

個人的にほかの香水に比べ香りの持続が長い印象です。

 

結構香りは持続する方

香水を肩、内肘、手首、脇腹、内太腿、内膝、踵の14か所に着けた場合、朝から夜までしっかりと香りが残ります。

(香水は皮膚の薄いところに着けるのが基本ですが、両耳たぶと胸の真ん中を結んだ三角ゾーンはNGゾーンです。ここにつけると香水クサ男に早変わり!!)

 

特に汗をかきやすい人は、ミドルノートとラストノートがそれをカバーしてくれるので、最後までさわやかなメンズでいられると思いますよ!

(香水はマスキングではないのであまり期待しないように)

 

ただし、気象条件や体温、服装によってお香りの飛び方は変わりますので、あくまで個人的なお話です。梅雨時は特に飛びやすいのでちょっと注意が必要ですね。

 

香水は人との距離を縮めてくれるアイテム

香水は嗜好品なのかなーと一時期控えていたんですが、やっぱりいい香りがする人のところには人が自然と集まりますね。

 

コミュニケーションが円滑になるので、そういう目的で付ける分には、実用的なアイテムなのではないかなと思っています。

 

香水初心者は定番の香水を!

ちなみに汎用性が高く、基本的にどの季節に着けても無難な香水だと思っているのは、定番の定番ですが、ブルガリのプールオムですね。

 

香水初心者の方にもおすすめで、フォーマルでもカジュアルでもいける香りだと思います。

 

ブルガリ プールオム EDT 30ml (並行輸入品)

ブルガリ プールオム EDT 30ml (並行輸入品)

 

 

 どこかで嗅いだことのある香りだと思いますので、身近に付けている人がいるかもしれませんね。

その人がいい人なら同じ香りを纏うことでこっちも好印象になりますが、逆だと悪化するのでご注意を(これはマジです!)

 

ボクは毎回違う香水を試しているので、また香水を購入したらばレビューします!

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松タカシ

積みあがっていくことのない人生はムナシイというお話

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

みなさんは日々どのようにお過ごしですか?

何か目的や目標はありますか?これをしたい、あれになりたいなど、意欲や情熱を燃やせるものはありますか?

 

ちょいちょいあるあの心の声に注意!!

人間がもっとも空しくなる瞬間は「あぁ・・・やることがない」と心の声がつぶやかれた瞬間ではないかなと、最近思うようになりました。

 

別に本当にやることがないからそう言っているのではなく、「あぁ・・・やりたいと思えることがない」という表現がおそらく正しいのでしょう。

 

こうなってくると完全に無気力になってしまうので、ダラダラとゲームをしたり動画を見たり、寝転がって気がついたら休日が終わっていた、なーんてことになります。

 

子どもがいる家庭だと、子どもがある種の刺激になるため、あまりこういうライフスタイルは取りにくいと思いますが、一人暮らしでは簡単に陥ってしまうリスクがありますね。ボクもいやと言うほど実体験済みです。

 

やることがないならとりあえずコレを

この落とし穴とも呼べる空虚な穴に落ちない方法は・・・一言ではちょっと難しい。

人によって価値基準がバラバラなので、「これが正解です」とは言いにくいところがあります。

どんなアドバイスも、その人が実行できるレベルのものでなければ意味はありませんからねー

 

比較的ハードルが低く、だいたいの人でできるエクササイズとしては「散歩」でしょうか。

別に緑の中を歩かなくたって、街の中を闊歩してもかまいません!身体を動かすことが何よりも大切だと思います。

 

科学的に見ても、筋肉を動かすとベータエンドルフィンという気分を高揚させるホルモンが分泌されるので、落ち込みにくくなりますねー

 

「好きなものはゲームです」はハイリスクロウリターン

自分の好きなことをやることが一番なのですが、難しいのが「その行動が自分の未来につながるものなのか」という点です。

 

最近はスマホゲームが一般的になってきているので、時間があればスマホでゲームという方もいると思いますが、ゲームに使う時間はいわば自分の資産なので、投資した分だけの見返りがないと、いずれ後悔することになりかねません。

 

特にバーチャルでの時間の消費は、物質としても残らないのでちょっと微妙なところですね。

 

仮想空間でのコミュニケーションは、現実のコミュニケーション以上に難易度が高いという話を聞いたことがあり、そこで磨かれるスキルは現実にも十分応用できるそうです。

そういう視点でオンラインゲームをやるのであれば、いくらか収穫はありそうですが、それを言ってしまうと現実世界で人と交流した方がもっともっと収穫があります。

 

「だって好きなものがない」は知識と経験不足

「そもそも自分の好きなことが見つからない」という人も結構多いのではないでしょうか?

誰だって最初から知っていたわけではなく、ある種の偶然により「自分の好きなもの」を発見しています。

 

そしてその偶然は、「自ら探す」というアプローチを行うことで、遭遇する確率が上がるものです。

なので空虚な日々を過ごしている人、なんとなく毎日が面白くない人は、「自分の好きなもの、情熱を注げるもの」を探すことをオススメします。

 

ただ何となく情報を眺めていても見つかりません。

気になるものがあれば、それに触れ、実際に体験を通すことによってはじめて血肉になります。

 

虚しさや退屈さは人の寿命すらも縮めてしまう「死に至る病」です。

溌剌とした日々を送るためにも、自分の情熱を注げるものをできるだけ早く見つけたいものですねー

 

やっぱり多動性っていいなぁー

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松タカシ

上司が使えないなら上司を使え! ボスマネジメントは必須のスキル!

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松です!

 

ボスマネジメントという言葉をご存知でしょうか?

 

「寄らば大樹の陰」「長い物には巻かれよ」と、上司の太鼓持ちをするのが悪しき日本の風習と見られることもありますが、本当にうまい人にとっては、これすらも上司を巧みに動かす手法の一つにすぎません。

 

そう、ボスマネジメントとは組織を健全に運用するためには、対不可欠のマネジメント方法なんです!

 

「あいつにいくら言ってもねー」「というかその前にこっちの話を聞いてほしいよねー」と愚痴を垂れている暇があったら、ボスマネジメントを学んで組織をあるべき姿に改変していきましょう!

 

そもそもボスとは何者か?

そもそもボス=上司とはどういう立場の人なのか?

そんなに難しいものではなく「組織としてあるべき姿を追求していく中で、部下の業務遂行が円滑に進むよう管理する立場の人」です。

 

つまりボスというのは、部下あっての存在であって、部下のいないボスはボスではないということですね。まぁ当たり前ですが。

 

「国があっての王」というフレーズを耳にしますが、つまりそういうことです。

部下のみなさんは、あなたがいるからこそボスはボスとして君臨することができるのです!そういう意味では自信をもってください!

 

ボスにはボスの使命がある

よくコミュニケーションの鉄板として「ホウレンソウ」というものが挙げられます。

 

ほとんどの部下のみなさんはホウレンソウやっていると思いますが、さてボス側にもこのホウレンソウが必要だということに、ボスのみなさんは気が付いているのでしょうか?

 

当然上に立つ人間として、部下よりも責任ある立場ということになりますが、ここでいう責任とはなんでしょうか?

それは「部下の業務遂行が円滑に進むよう管理する責任」ですね。

 

なのでトップダウンで下りてきた情報展開が漏れて業務に支障がでたら、当然ボスの責任です。情報展開することで業務効率が上がるのに、展開していないのもボスの責任です。

 

これらトップダウン式のボスから部下に向けてのホウレンソウができていない人が結構多い・・・・

 

他にも業務改善を図るなかで、部下に相談をするのも仕事ですし、各種プロジェクトの進捗状況を共有するのも当然ボスの仕事になります。

 

どうでしょうか?ボスのみなさんはこういったホウレンソウができていますかね。

変にふんぞり返って「オレにワタシについてこい」とかやってません?古すぎですよ。

 

ボスを使うとはどういうことか?

さて、ボスという生き物の生態について解説してきましたが、ここからがボスマネジメントのお話になります!

 

ボスにはその使命とそれに見合うだけの権限があります。義務と権利の関係ですね。

 

対して部下の人たちの権限、権利については範囲がより限定されますので、さまざまな意見を通しにくく、また情報の取得 もセーブされています。そいう背景があるのでみんなブーブー愚痴を垂れているわけですが。

 

ボスマネジメントとは「上司の持っている権限を有効活用」する手法という風に表現することができます。

 

ボスマネジメントの本質は「代理」

 

上司と言えど一人の人間。その力量には限界がありますので、業務の一部を部下に委任し管理することで業務を遂行しています。

 

ですので部下と上司は本質的には一蓮托生の関係です。

 

上司は部下を操作しますが、部下の動きに上司が合わせることで、結果として操作されるという相互に補完的な関係でもあるんですねー

 

なので、部下の人たちがボスをマネジメントする本質とは、自分たちの意見を代理してもらうことにあります。

 

代わりに何を言ってもらったり、代わりに何かをしてもらったり、代わりに誰かと交渉してもらったり。

そのポストや人柄に応じた威光を有効活用し、部下の意見に箔をつけ、虎の威を借りて組織に影響を及ぼす、といことですねー。うーんクレバーです!

 

マネジメントに失敗しないコツ

ボスマネジメントと口で言うのは簡単ですが、実際にやるとなるといくつか守らないといけないルールがあります。まずはその大原則は押さえておきましょう!

 

1.自分の意見に固執しない

 →人間は誰しも自分は正しいと思っているもので、結果としてそれが我執にもつながります。特に部下の人は入手できる情報がどうしても狭くなるので、意見の幅も当然狭いものになります。「井の中の蛙大海を知らず」を肝に銘じて相談にいきましょう!

 

2.基本は共感の姿勢

 →「固執しない」にもつながる部分ですが、ボスやそのほかの人たちの意見に対しては基本は共感の姿勢をもっておくべきです。共感といっても、唯々諾々と頷くのではなく「あなたはそう思っているんですねーふむふむ」くらいのレベルですね。

 

3.利己的な意見はふつうにつぶされる

 →会社とは社会性の権化です。利己的な振る舞いは当然許されません。挙げる意見が「誰のため」なのかは常に考える必要がありますね。

 

4.どう転んでも「まぁいいか」がちょうどいい

 →意見を持ち込んでそれを採用してくれるかははっきりとわかりません。確信があったとしても、相手の気持ちしだいではふいにされることもままあります。「まぁいいか」の精神を持っておくくらいがちょうどいいのです!ストレスたまりませんよ!

 

 

なんといっても人を見る目がどんな環境でも必要

社会の中で生きていくと常々感じるのですが、人を見る目というのは絶対に磨いておかないといけないなと思います。

 

人間一人で生きていくことはできません。必ず誰かと一緒に何かをしなければ、生存すら危うくなります。

 

その誰かがどんな人なのか、自分なりに把握したうえで接していかないと、場合によっては争い事に発展したりしかねませんね。

 

いついかなる時でも人を見る目というのは養っていく必要がありますし、これはボスマネジメントにおいても必須のスキルだと言えます。

 

見る目を磨くには予測とフィードバック

では人を見る目を磨くにはどうするのか?

 

これは才能ではなくある種のスキルなので、トレーニングすれば鍛えることができます。

そのためには1.予測する  2.フィードバックするの2つが必要です。

 

よくあるシチュエーションで言えば、新入社員が入ってきたときなんかが良いですね。

 

まずは第一印象でどういう人間なのか推測をしておきます。

そして触れ合っていく中でもどういう人間なのかを観察します。

 

最初に抱いた印象と観察の結果判明した人柄がどれだけ合っていたかチェックする。

これを繰り返していけば、確実に見る目を磨くことができます!

 

アリがちなミスとして、フィードバックがないトレーニングをする人がいます。

例えば待ちゆく人の人間観察なんかがそうですね。

予測はできますが、それが正しいのかが分かりませんので、妄想力だけたくましくなってしまいます。

 

必ず「本当はどういう人なのか?」が分かる環境でトレーニングしましょう!

 

だいぶ長くなりましたが、ボスもしょせんは1人の人間です。そう思うだけでもいろいろと見えてくることがあります。

 

ボスマネジメントに興味を持たれたら、ぜひご自身でも勉強し、自分と周りの人達の幸せのために、マネジメントをうまく使いこなしてみてください!

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松タカシ

メンタリストDaiGo流 部屋をいつまでもキレイに保つオススメの方法

先日DaiGoさんが片づけ術の放送をされていましたので、備忘録を兼ねて軽くまとめたいと思います!

ちゃんとした内容を知りたい方は、チャンネルにご入会の上で拝聴くださーい

 

物を手に入れるときはワンイン・ツーアウト

ボクはミニマリストではありませんが、子どもが産まれてからは以前よりも物をあまり持たなくなりました。漫画とか一掃しましたね。

 

とは言っても、気が付くと物が増えていることがあり、「これいつ買ったんだっけ・・・しかも何のために?」となることもちょいちょいあります。

 

物だけではなく、捨てないといけないものもコツコツと着実にたまっていくので、定期的に断捨離をしないといけません。

 

そんなキッカケづくりに向いている思考方法が「ワンインツーアウト」。英語にすると"One In Two Out"ですね。

 

これは物を手に入れるときの判断基準で、その名の通り「1つゲットするなら2つ捨てようぜ」という非常にシンプルな考え方です。

 

この考え方が身につくと、そもそも不必要なモノを買わなくなることに加え、より効率のよいアイテムをゲットしようという考えになります。

ミニマリストの人たちはたぶんこういう思考があるんでしょうね。勉強になります。

 

絶対守護領域サンクチュアリを作る

サンクチュアリとは聖域のことですが、絶対に汚さない綺麗なゾーンを1か所作っておくと、それを基準にして「あぁキレイにしないと」とう意識が働きます

 

例えば玄関なんかは、来客があると必ず使う場所なので、ここだけでもキレイにしておくと効果がありそうですね。

 

あと個人的にはトイレなんかはすごくキレイにしているといい気がします。毎日使いますし、清潔感がよりほしい空間なので、サンクチュアリ推奨スポットです!

 

お店なんかでもトイレが汚いとサービスも貧弱だし、キレイだと全体の雰囲気も良いですからねー

 

写真によるフォトミラーリングで常にキレイを意識

フォトミラーリングとは勝手に命名してしまいましたが、ミラーリング効果を鏡ではなく写真で代用した方法です。

 

人間は自分の顔を鏡で見ると、より客観的に、より冷静になれるという効果があるのですが、それを顔ではなく部屋バージョンにしたものがこの手法です。

 

方法は簡単で・・・・というかまずは掃除しないといけないんですが、片づけた綺麗な部屋をパシャリと写真におさめます。

それからそれを印刷し、部屋のどこか目のつくところに飾っておくだけ!

 

こうすると「あるべき姿」である写真と、「現状」である今の部屋を頻繁に比較することになるので、汚れや乱れにすぐに気が付くようになります。

DaiGoさんもこの方法はすごく推奨されていました。

 

他にも「とりあえずボックス」だとか、水回りはペーパータオルがよいとか、石鹸の香りを使う理由だとかも放送にありましたので、「なにそれおいしいの?」と思った方は、どうぞご入門ください。

 

みなさんも部屋を常にクリーンな状態に保ち、フィジカル、メンタルともに健やかにお過ごしください!

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松

ノートまとめとマインドマップまとめはどっちがいいのか?この順番で使うと良いかも

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです!

 

最近メンタリストDaiGoさんがノートまとめ要員を募集されているとかなんとか。

 

さりげなくボクのブログも、ノート術の記事が一番アクセスが多いので、みなさんノートまとめにご興味がおありなんですねー

とてもよいことだと思います!

 

最近はノートにまとめるべきか、マインドマップアプリにまとめるべきか迷うことが増えました。

ということで、それぞれの使い分けについて考察してまとめてみたいと思います。どうぞご参考になさってくださいー

 

ノートまとめの利点は「定着」

まずノートのメリットといえば、やはり手書きというアクションでしょう。

 

指の感覚、文字を描くという動作、脳内での文字の黙読

触覚、視覚、聴覚の3つを使うので、記憶にインプットされやすくなりますよね。

 

また書いた場所も重要で、「たしかここら辺に書いたはず」という感覚がセットになるので、位置記憶と一緒に定着しやすくなります

 

マインドマップアプリの利点は「整理整頓」

マインドマップアプリは柔軟な編集力が魅力です。

ノートであれば書き損じもありますが、アプリなのでいくらでも修正がききます。

 

これはキレイにまとめるためではなく、いうなれば記憶の再配線を視覚化することができる、という風にとらえるべきでしょう。

 

人間は視覚情報に重きを置いて物事を判断する傾向がありますので、記憶もそれに連動します。

 

特にマインドマップは「関連性」に着目した情報管理手法なので、新たな情報が加われば、自然と関連性も変容していきます。

それに都度適応する形で情報を編集できるので、記憶の整理整頓にはうってつけというわけです。

 

メリットを並べてみるとートは記憶の定着マインドマップアプリは記憶の整理整頓ということになりそうです。

 

実際にはどう使っていくのか?

では日常ではどのように使い分ければいいのか。

 

まず情報は整理整頓し、それぞれの関連性が見えていた方が記憶に残りやすくなります。いわゆる「芋づる形式」というやつですね。

 

芋づる方式記憶術(ファーストインプレッション)

面白い記憶術で「その時にパッと思いついた表現と結びつける」という手法があります。特に人の顔と名前を覚えるのに有効で、ボクも会社の新入社員には使っています。

 

どういう手法かというと、顔を見た瞬間に湧き出てきたキーワードとムリヤリ結び付けます。例えば「あ、マロ眉」とか「リトマス紙」とか「氷の女王」とか。

 

まぁ出てくるキーワードは人それぞれなので、とりあえず瞬間的に出てきたキーワードを名前と結びつけてしまいます。

 

「あ、マロ眉・・・佐藤さんね」「あ、リトマス紙・・・伊藤さんね」みたいな感じです。

 

これがなかなかの定着率を誇ります。まぁ言ってしまうと自分の中であだ名をつけるようなイメージでしょうか。くれぐれもキーワードで呼ばないでくださいね。コミュニケーションがブレイクしますよ。

 

まずはマインドマップアプリで情報の関連性をまとめる

さて話を戻すと、記憶は関連性を持たせると強く定着するので、最初にマインドマップアプリでキーワード同士の関連性をまとめた方がよさそうですね。

 

ただし、マインドマップはシンプルさも重要なので、文章ではなく単語ベースで描くのが基本になります。

ちょっと補足情報なんかが書けないところが、ある意味では欠点ですね。

 

次のノートで関連性も含めたまとめをする

そう、ここで登場するのが「ノートまとめ」です。

 

マインドマップを見ながら、分類分けされた区分、ノード単位でまとめいくとすごくまとめやすそうですね。

 

特にいいところは、どのくらいの分量を書き込むのかが視覚的に把握しやすい点です。

 

ノートのスキマが大切

DaiGo流ノート術の原則に「見開き片方にしか書かない」という法則があります。

 

これは空欄があると埋めたくなる脳の習性を利用したもので、強制的に書き込み量を増やす狙いがあります。

 

ちなみ、ボクは最近左側を空けるようにしています。

とある本で「日本人は左から書き始める習性があるから、左を空けるとより埋めたくなる」というものを見つけ、キタコレ!と早速その方法を採用しました。

 

余白の広さの調整が微妙に難しい

ただ、このまとめる分量や空け具合なんかはちょっと難しく、1つのキーワードに対して、「これも書かないと」「あれも書かないと」とアレコレ書きたくなることがあります。

 

そうすると「しまった・・・もっと余白がほしかった」と残念な結果になることもしばしば。逆に空けすぎてしまってめっちゃ空欄ということもあります(これはまぁそのうち埋まるかもしれませんが)

 

その点、マインドマップアプリで先にまとめておけば、どのくらい関連する情報がぶら下がっているのかわかりますので、余白の目安が立てやすくなります。

 

DaiGoさんも読書術で「先にさらっと読んでおいて、どの情報がどのくらいあるのか把握してからポイント読んでいく」と仰っていたので、それに通ずるところがありますね。

 

ということで、先にマインドマップアプリ、次にノートにまとめるの流れが今のところ最適解のような気がします。

 

セルフカスタマイズが何よりも大事

ただし、人によっての脳の個性が異なるため、同じように使いやすいかは、やってみないと分かりません。

合わないと思ったら、そこはカスタマイズを繰り返して最適化していくべきだと思います。いやいやながらやっても長続きはしませんからね。

 

長く続くように工夫を続けていくことが大切だと思います。

 

みなさんも情報を最小の努力でまとめ、最大の成果となるよう活用してみてください!

 

ノブレスオブリージュ今日もみなさまが世界の救世主たらんことを

/ハイキネオーナー 門松タカシ