【ハイキネ】ボクテキ アーカイブス -HyperKinesis-Thiking-

心理学、鉱物、脳科学、芸術、恋愛学、書籍、人生論、生物多様性、サブカル、農業、ハンドメイド、ハーブ。そんな悪食なボクのブログ。

占いをスピリチュアル要素抜いて考察してみたら、意外と現実的な使い道があった

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーの門松タカシです。

 

この前ブログの更新を会社の休憩室でしていたら、従業員が占いをしていたので、何となく話が聞こえてきました。

 

当たっているんだか当たってないんだか微妙な空気が流れていましたが、恋愛相談の流れになり、最終的にアドバイスが出て終了。

 

その後帰りながら「占いにはどういう効果があるのだろう」と考えていたのですが、意外と使えることが判明しました。

 

占いとはある種のカウンセリングと同じで、悩みを聞くこと自体にカタルシスの効果があります。これは別に占いという形態をしていなくても効果はありますので、占いに特化したメリットではありません。世間話レベルでもそういう効果はあります。

 

では占いであることの必要性についてですが、占いという形態をとることにより、悩みを話しやすいシチュエーションが整います。

ディープな内容であるほど、いきなり切り出すのは勇気がいるものですが、占いという前提条件がその心理的なハードルを下げてくれるのだと思います。

占いには何かしらの道具を使い、相手の悩みを誘導しながら引き出していきます。これが呼び水となって、相談相手も話しやすくなるわけですね。

 

また占いは基本的に対価を払います。今回ボクが聞いたケースはボランティア的な感じだったので料金は発生しなかったようですが、プロにお願いする場合はお金がかかります。

このお金を払うことに実は意味があり、「お金を払っているんだからちゃんと話そう」だとか「対価としてアドバイスがもらえるのだから、それには意味があるはずだ」というポジティブな心理が働きます。

結果として問題解決に対して前向きに取り組むことができるようになるわけですね。また「根拠が明白ではない自信」を持つこともできます。

 

そして何よりこれが一番重要な要素!

プライベートな情報の開示をセーブしながら人生相談ができる点が最大のメリットだと思います。

 

これは友人知人に対してはなかなかできません。いえ、むしろできないと言っていいでしょう。

この手の悩みはいわゆる「世間サマには顔見せできない」ような話題であることが多く、当然身近な人には話せません。そうなるとそういう悩みというものは自分ひとりで抱えていくことになります。

ただし、悩みを抱えるのことは潜在的にストレスを抱え続けることになり、苦しい日々を過ごすことにもなります。

 

そういったブラックな悩みを、情報開示を最小限にとどめて相談できるの相手が占い師です。

先ほども触れているお金がかかる点についてもここに関連性があり、プロである相手がお金を受け取る=守秘義務が強固になる、という点も重要です。

なので、多少オブラートに包みながらも、世間一般では叩かれるような悩みを誰かに聞いてもらうことができます。

普通の人が聞くと「引く」ような話題であっても、占い師はプロなのでそんなことはありません。

 

またカウンセリングというものに対しては、日本ではまだ精神疾患の治療のような印象が根深く、敷居が高い印象です。

それに対して占いはハードルも低く、継続利用も任意です。

 

つまり占い師の有効的な活用方法としては「敷居の低いカウンセリング」ということになります。

 

みなさんも世間サマには言えないような重い悩みを、占い師に聞いてもらうと、少しはその重荷が軽くなるかもしれません。

 

もっとも、そういうセンシティブな話題でも話せるような友人を手に入れる方が、ほんとうはいいんでしょうけれども、なかなかそうは見つからないですよね。

 

あの食品をメンタリストDaiGoさんが推奨!サプリよりも効果の高い抗酸化食品とは!?

メンタリストDaiGoさんもおすすめの抗酸化食品のご紹介!

 

みなさんこんにちは!

ハイキネオーナーのカドマツタカシです!

 

最近は文春砲で叩かれてしまったDaiGoさんですが、

彼のニコ生会員であるボクは引き続き応援していく所存です!

 

なんでって月額540円であれだけの情報を配信してくれる人そうそういませんよ。

 

さて、そんなDaiGoさんのニコ生放送で、最近「脳に良い食材」というものが紹介されました。

 

いろいろあったんですが、個人的にすごく記憶に残ったのが、

なぜか「没食子酸(もっしょくしさん)エピガロカテキン

 

DaiGoさんが早口でスラスラと喋るので、

「ん、今のもっしょく・・・何?」となって聞き耳を立てているうちに、

インプットされてしまいました。

 

アンチエイジングドリンク「グリーンティー」

この没食子酸エピガロカテキンとは、緑茶に豊富に含まれているカテキンのことです。

抗酸化サプリでオススメされている「レベラストロール」よりも抗酸化作用が高いという話です。

 

日常的に摂取がてき、且つリーズナブルな抗酸化食品という観点から見ると、緑茶が現実的な印象ですね。

 

普段からサプリを飲む習慣がないので、抵抗感も少ないです。

 

抗酸化作用を高めるための注意点

ただし、摂取にあたっては何点か注意点がありまして、

1.粉末状の緑茶で摂取する

2.乳製品と一緒に飲まない

3.お湯は少し冷まして淹れる

この3つを守ることで、効率よく没食子酸エピガロカテキン(EGCG)を摂取することができます。

 

原料をそのまま摂取すべし

まず粉末状である理由は、言わずもがなですが、抽出物であるお茶よりも、原料である茶葉のほうにこそEGCGが豊富に含まれているからです。

市販されているものも多くありますので、添加物がないものを選ぶようにするとよいと思います。

たまに変なもの入っていることがありますので要注意!あと原産国も

 

牛乳は避けるべし

乳製品と一緒に飲むのを避ける理由として、乳製品に含まれるたんぱく質カテキンと結合してしまい、抗酸化作用が著しく減少するからだそうです。

抹茶オーレは言語道断ということになりますね。

 

逆にレモン汁を入れるとカテキンの吸収率が上がるらしいので、ちょっと足してみるといいかもしれません。緑茶にレモンってやったことないですが、紅茶にレモンと同じ発想でしょうか。

 

こちらが参考サイトになります

japanese.mercola.com

 

ちょっと冷まして淹れるべし

最後にお湯は冷まして淹れる点についてですが、沸騰した高温のお湯だとEGCGが減少するというデータがあります。30秒間沸騰したお湯にいれると12.4%減少するとのことでした。

 

これを避けるために、沸騰直後のお湯を使わず少し冷ましてから淹れると、減少を抑えられると思います。

 

こちらが参考サイトです。

没食子酸エピガロカテキン - Wikipedia

 

アーユルヴェーダでも緑茶はオススメ

ちなみに、アーユルヴェーダにおける緑茶の取り扱いについてですが、やはり食後に飲むと良いとされています。

 

これは抗酸化作用についての言及ではなく、食欲抑制の効果からのお話になります。

アーユルヴェーダでは味についても研究がされていて、お茶についていえば、その渋みに食欲を抑える働きがあるとされています。

 

日本の食卓における原風景的として食後に湯呑でお茶を一杯、なーんてイメージしがちですが、西の東を問わず医学的にもたいへん理にかなったものだったんですね。

 

食後に飲むべし

ただし、アーユルヴェーダ視点でいくと、食事中に飲むことはあまりすすめられていません。理由として消化力であるピッタという属性を沈静化してしまうからだそうです。

ということで、飲むときの注意点を1つ追加しておきましょう。

 

4.食後に飲む

 

消臭効果もありますので、食後に飲むことでそちらの効果も期待できます!

 

習慣化すべし

温故知新とはよくいいますが、まさにこういう事例のことなんでしょうね。

あ、もう一つ注意点がありました。

 

5.長く続けないと意味がない

 

これはサプリメントであるレスベラトロールについても同様ですが、数十年単位で服用しないと効果は期待できません。日々の積み重ねです。

 

没食子酸エピガロカテキンを摂取するポイントまとめ

最後に注意点をまとめます。

1.粉末状の緑茶で摂取する

2.乳製品と一緒に飲まない

3.お湯は少し冷まして淹れる

4.食後に飲む(食前、食中は避ける)

5.長く続ける

 

地味な効果を蓄積していくのはなかなか大変ですが、習慣化するのが一番楽ですね。

 

ボクも自宅と職場でお茶を持ち歩き、折りに触れては「没食子酸エピガロカテキン」を連呼するようにして脳にインプットしているところです。

 

緑茶が今以上にもっと飲まれる日がくるといいですね!

 

以上、抗酸化作用の強い食材「緑茶」の「没食子酸エピガロカテキン」についてでした!

 

 

---

追記情報

 

ポリフェノールは唾液の分泌を抑制する

 

緑茶やウーロン茶に含まれるポリフェノールには唾液の分泌を抑える働きがあります。

特に食後は口の中のPHが酸性に傾いているので、唾液の中和作用で元のPHに戻さないと表面のエナメル質が溶けてしまいます!

ということで、食事の直後に緑茶を飲むのはちょっと控えたほうがよさそうですね。

 

怒りの限定解除 怒っていい2つの条件とその実用性についてご紹介

いやぁー、ボクの中では「怒る」という行為そのものがアウトだと思っていたんですが、なんと条件付きで許容されるという新定義を見つけちゃいました。

 

ということで、今回は怒りの限定解除についてこねくりまわしてみたいと思います。

 

さて、この新定義の限定解除を提唱しているのは、脳科学の書籍では有名な苫米地英人さんです。書籍「怒らない」選択法、「怒る」技術からです。

「怒らない」選択法、「怒る」技術

「怒らない」選択法、「怒る」技術

 

 

続きを読む

詠唱時間なしの究極魔法で人生を緩やかに下降させる方法

よくブログネタに目標達成について書きますが、最近身近でよく見る成功しない法則について書きたいと思います。

 

それは、「自分にはできない呪文」です。

これ結構甘く見られていますけど、メラゾーマアルテマよりも強力ですよ。

続きを読む

定年後ニートの存在と落とし穴に対して、今ボクらができること

最近、実家である宮崎に帰省したのですが、いろいろと考えさせられることがいくつかありました。

 

定年後ニートは誰にでも起こり得る

そのうちの一つが定年後ニートです。

父はすでに定年を迎え再就職してバリバリ働いていますが、反面同じような立場だった人が真逆の状態にある話を聞かされました。

 

ニートと言えば、若い世代で労働せず親族に養ってもらっている人をイメージしますが、実は定年後にもニートになる危険性があります。

というより、若い人以上に定年後ニートはリスクが大きく、そして比較的多くの人が対象になりえます

 

趣味という落とし穴

よく定年後はリタイアして趣味を満喫しようなんて考えがありますが、まずこれが落とし穴です。

その趣味が社会貢献につながるようなものであれば問題ありませんが、個人で没頭するタイプのものだと、社会との関係性が切れてしまいます

 

人間は集団に貢献することで幸福感や充実感を感じる生き物なので、社会から隔絶されると、そういった幸福を感じることができなくなってしまうんですね

 

寿命という落とし穴

続いて寿命の延長が2つ目の落とし穴です。

これは現時点でも言えることですし、この先さらに考えなければならないことですが、ブロガーのちきりんさんも書籍で触れています。

 

この先医療技術の発達で人間の寿命が延び、それに合わせて定年のタイミングや、リタイア期間の延長も十分にあり得ます。

定年の時期が後ろ倒しになるのもいろいろと考えないといけませんが、その後の生き方についても考えなければならないんですね。

 

寿命が延びても生きるのがつらくなるなら、ちょっと考え物ですよねー

 

支援という落とし穴

3つ目の落とし穴は、サポーターの不在です。

これは若年ニートと定年後ニートの大きな差のひとつです。若年ニートは親族(特に両親)の経済的、生活的支援を得やすく、またそれに依存しています。

定年後の場合だと、子どもや親族が中心になってきますが、特に子どもがいない場合だとちょっとサポートが難しいケースが出たりするようです。

 

かつては子どもをたくさん産み、自立後は逆に子どもにサポートしてもらうような時代でしたが、昨今は自立後も負担をかけないようにするのが主流になってきています。

ただし、それも自分が元気に働けるまでの話で、社会的生活の維持が難しくなれば必然的に手助けが必要になります。

特に高齢化するほどその傾向が出やすくなるので、やはり子どもという存在が大きくなってきますね。

 

最近は晩婚化、少子化、未婚化が進んでいますので、上記のような子どもによるサポートの代替手段は講じられると思いますが、セーフネットの1つとして考慮に入れるべきものだと思います。

 

高齢者アパートやロボットによるセーフネット

ちなみに代替手段で面白いなぁと思ったのが、ちきりんさんの高齢者アパートの考えです。一定条件を満たす高齢者が複数名で同一のアパートに居住し、食事のタイミングだけ集合して、あとは各自の家で暮らすスタイル。資産については死亡後、生存している人にバトンタッチしていくシステムも合理的だと思いました。

 

ただ、AIやロボット技術も飛躍的に進化していますので、介護ロボットの出現もセーフネットの1つとなりそうです。

 

今やるべき脱定年後ニート

とにもかくにも、まずは自分でできることから始めるべきだと思いますので、今後ボクは以下のことに注意して生活していきたいと思います。

・基礎体力の維持向上

・コミュニティーの形成維持

・資産の計画的な運用

・ライフステージに合わせた仕事の選択

・精神的豊かさの獲得

 

どれもこれから先も重要になりますが、今の時点でも重要な要素でもありますので、常に意識し続けていきたいと思います。

成功する人にはない。やろうやろう病が人生の分かれ道を決める!

成功する人と成功しない人の大きな分かれ道は何かというと、意外とよくあるシチュエーションです。

「あぁーこれやらないといけないのは分かってるんだけど・・・明日からで」

こういう自分との葛藤ってありませんか?

 

例えばダイエットをしているけれど、つい甘いものを食べてしまう。何かの資格を取るために勉強しているのに、つい娯楽に耽ってしまう。

こういう誰にでもある誘惑に勝つか負けるかが勝敗を決めます。マジで。

続きを読む

アンガーマネジメントでも不足している怒りへの考え方

最近は怒りの感情を制御するアンガーマネジメントなる単語を耳にします。詳しく調べてはいませんが、そんなに最近の学問ではなく、ある程度前からあった概念だとは思いますが、最近露出度が上がったような気がしますね。

 

さて、職場なんかでもこのアンガーマネジメントが取り上げられることがあります。残念ながら多くの場合、方法論ではなくロジックばかりがピックアップされるので「あぁイイハナシだった」で終わっているケースが多いです。

 

そもそもの話ですが、怒りの感情は発生させないようにするのが一番良い、というものがこの概念にはないような気がします。

人間なので怒りの感情が出るのは当たり前で、それが行動に影響しないようにコントロールしようとする考えっぽいです(違ってたらすいません)。

 

でも怒りが当たり前という前提条件は本当に正しいのでしょうか?

 

続きを読む